メインメニューを開く

鉄道王』(てつどうおう)は、デービーソフトから1987年12月12日に発売されたファミリーコンピュータ用のテレビゲームで、ジャンルボードゲームである。後にアトラスより『鉄道王'96 いくぜ億万長者!!』及び『鉄道王2 世界征服の野望』がPlayStation用として発売された。携帯電話のJavaアプリケーションにも移植されている。

鉄道王
ジャンル ボードゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ[FC]
開発元 デービーソフト
発売元 デービーソフト
人数 1 - 4人
発売日 [FC]1987年12月12日
テンプレートを表示

ゲーム内容編集

よくあるボードゲームの王道パターンに近い操作方法で、ルーレットの目にしたがって目的地に進み、到着するとお金を渡され試算力を競うというシステムで、後に出た桃太郎電鉄シリーズもよく似た形態をとっている。しかし、桃太郎電鉄が物件・不動産の買収メインなのに対し、こちらは「鉄道王」と言う名のとおり鉄道買収がメインである。

また、通過した鉄道を買うというモノポリーのような要素を取り入れているが、モノポリーと違い買った土地を通過する義務が生まれないのでせっかく買った鉄道も、迂回されてしまい損にしかならないということがよくあった。

ただゲームバランス上重大な欠陥ともいえる「財産交換イベント」によって自分の資産(時には全て)が適当な相手と交換されてしまうため、これを目押しされると一発逆転をされてしまう。

ルーレットが遅いと言う特性上、簡単に目押しが出来たためこのイベントはゲームバランスを著しく損なう結果にしかならない、と言う声も大きいが、リメイク版等全てにこのイベントは収録されている。

マスになっている都市編集