メインメニューを開く

銀河ロイドコスモX』(ぎんがロイドコスモエックス)は、声優関智一がオリジナルヒーローとして創作したキャラクター[1]

モデルグラフィックスの連載で発表、関が個人としてスーツを作成しワンダーフェスティバル等でのイベントを行い、アニメ雑誌AX (アニメ雑誌)の付録CD-ROMとしてパイロット版が発表された後、バップより全3巻のオリジナルビデオとして発売された[1]

ストーリー編集

オリジナルビデオ版編集

2001年9月21日に発売されたオリジナルビデオ特撮作品。全3巻。

2001年12月29日にはキッズステーションにて再編集版『銀河ロイド コスモX 3部作全長バージョン2002』が放映された[1]

キャスト編集

スタッフ編集

  • キャラクター原案:関智一
  • 脚本・シリーズ構成:川崎ヒロユキ
  • 監督:清水厚、広田幹夫
  • 音楽:渡辺宙明
  • 主題歌
    • OP:「戦え! 銀河ロイド コスモX」(作詞、歌:関智一 / 作曲、編曲:渡辺宙明)
    • ED:「誓いの星」(作詞:川崎ヒロユキ / 作曲、編曲:渡辺宙明 / 歌:関智一)

関連商品編集

ビデオ・DVD編集

  1. 銀河ロイドコスモX volume.1「君が見えるコスモの星」 2001年9月21日発売
  2. 銀河ロイドコスモX volume.2「甘く危険なお見合いバトル」 2001年10月24日発売
  3. 銀河ロイドコスモX volume.3「さらばヒロシよ! 旅立ちの朝」 2001年11月21日発売

CDアルバム編集

  1. 『銀河ロイド コスモX』オリジナル・サウンドトラック 関智一 in コスモX ACT-1 2001年7月21日発売
  2. 『銀河ロイド コスモX』オリジナル・サウンドトラック 関智一 in コスモX ACT-2 2001年9月21日発売
  3. 月刊モデルグラフィックスが贈る関智一ショウ特殊凝縮円盤の謎 - ミニドラマとその主題歌を収録
  4. 月刊モデルグラフィックスが贈る関智一ショウ2ごめんね - ミニドラマとその主題歌を収録

ヒーロークロスライン版編集

ヒーロークロスライン(HXL)の作品設定に合わせオリジナルの特撮版から設定、登場キャラクターなどを変更したリメイク的作品。ウェブコミック誌『ヒーロークロスライン』に連載された。

漫画編集

  • 原作:関智一
  • 漫画:細雪純
  • 「クロスダイバー」デザイン:早瀬マサト(石森プロ)
  • スーパーバイザー:尾上一等
  • 講談社 月刊マガジンZ PRESENTS
    • Yahoo!コミック 『ヒーロークロスライン』連載(2008年11月5日 - 2009年3月25日)
    • 講談社コミックプラス 『ヒーロークロスライン』連載(2008年11月25日 - 2009年3月25日)

連載は未完、2009年5月29日発売のマガジンZKC全1巻で第1章完結。単行本描き下ろしシーンには『劇団ヘロヘロQカムパニー第15回公演「闘え!クロスダイバー!!〜改造され果てて・・・〜」』より「クロスダイバー」も登場。

ラジオドラマ編集

智一・美樹のラジオビッグバンにて放送

ドラマCD編集

プロローグとして上記ラジオドラマ版を再構築したものを録り直して収録している。また、物語的にも漫画版第1章から矛盾無く繋がるように構成されている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「綴込特別付録 宇宙船 YEAR BOOK 2002」『宇宙船』Vol.100(2002年5月号)、朝日ソノラマ、2002年5月1日、 153頁、 雑誌コード:01843-05。
  2. ^ 発売時点で社名は「ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン」に変更になっているが商品自体への記載では旧社名となっている。

外部リンク編集