メインメニューを開く

長沢 美樹(ながさわ みき、1970年7月11日 - )は、日本女性声優ラジオパーソナリティアトミックモンキー、劇団ヘロヘロQカムパニー所属。北海道帯広市生まれ、福島県郡山市育ち。血液型A型

ながさわ みき
長沢 美樹
プロフィール
性別 女性
出生地 日本の旗 日本北海道帯広市
生年月日 (1970-07-11) 1970年7月11日(49歳)
血液型 A型
身長 158cm
職業 声優ラジオパーソナリティ
事務所 アトミックモンキー
活動
活動期間 1994年 -
デビュー作それいけ!アンパンマン
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

目次

経歴編集

小学生時代に、『風とともに去りぬ』を見て映画のみならず漫画、小説などにも手を出し、その影響を受ける。高校生3年生の秋、進路決定に際して当初はアナウンサー志望であったが、最終的には声優となる道を選ぶ。声優になろうと思ったその日にアニメ雑誌を買いに行き、最初に見つけた勝田声優学院の案内書を請求した。大雨でグチョグチョの案内書が届き、「声優になるな」ということだと一度は諦めかけたが、勝田側の手違いで再び案内書が届き、「やっぱり声優になる運命なんだ」と思ったという[1]

その後、福島から上京した長沢は、予備校声優養成所に通う中、20歳の時に養成員仲間であった関智一との交際を開始する。この交際は、24歳の時に関の浮気が原因で終了したが、その後も関と一緒に行動している事が多く、ラジオ番組やアニメ作品では数多く共演している。さらに、関やその他の仲間と共に事務所や劇団も設立した。

声優としてのデビュー作は養成所時代のドラマCD『イカロスの翼』の乙女(石像)役。アニメでのデビューは『それいけ!アンパンマン』のクレヨンマン役[1]

1995年には『新世紀エヴァンゲリオン』の伊吹マヤ役、『KEY THE METAL IDOL』の厨川さくら役などで存在感をしめし、1996年には『勇者指令ダグオン』のガンキッド役で、勇者シリーズ初となる勇者役を演じる女性声優となる(男勇者としては唯一だが、女性声優で女勇者は『勇者王ガオガイガーFINAL』の光竜・闇竜・天竜神〈担当声優は田村ゆかり〉がある)。1997年には『吸血姫美夕』の美夕で初主役を務めた。

1998年からは『それいけ!アンパンマン』にクリームパンダ役でレギュラー出演しており、最も長い期間演じているキャラクターとなっている。

人物・エピソード編集

  • 気性のさっぱりした女性や活発な少年等を演ずることが比較的多いが、大人でいわゆる「ツンデレ」の女性を演じることもある。元は俳協に所属していたが、関智一とともにアトミックモンキーに所属することになる。
  • 子供の頃は『機動戦士ガンダム』が大好きで、宇宙に行きたくて宇宙飛行士になる夢も持っていた。自分の婿はアムロ・レイと心に決めていて、自分に子供が生まれたら「アムロとレイ」と名前をつけようと思っていたが、周囲から反対された。後に安室奈美恵がデビューした際は「先を越されたな」と思ったりしたとも[1]
  • 冒頭で「がっつんわ!!」と挨拶するのが恒例である[2][3]。長沢が作るカレーライスはそれに由来して「がっつんカレー」と呼ばれている[4]
  • 19歳当時、ロンドンブーツ1号2号の田村淳とはイタリアンレストランのアルバイト仲間(田村は調理担当)だった[5]
  • 自身が演じたキャラクターのうち、『新世紀エヴァンゲリオン』の伊吹マヤ、『悠久幻想曲』のパティ・ソールと、2人も誕生日が同じキャラクターがいる。

出演編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ編集

1994年
  • それいけ!アンパンマン(1994年 - 、ネコ美〈4代目〉[要出典]、クレヨンマン、あじさいさん〈初代〉、オーロラ姫〈初代〉、クルミちゃん〈初代〉、クリームパンダ、カレン〈6代目〉、ゆでたまごちゃん〈2代目〉、にじおばけ、ぎんなんぼうやC、母親、オニオン鬼〈2代目〉)
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2016年
2017年
2018年
2019年

劇場アニメ編集

1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

OVA編集

1994年
1995年
1996年
  • 地獄堂霊界通信新島良次
  • すすめ!ゴジランド ゴジラとあそぼう たしざん(バラゴン)
  • すすめ!ゴジランド ゴジラとあそぼう ひきざん(バラゴン)
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2006年
2011年

ゲーム編集

1993年
1994年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2014年
2015年
2017年
2019年

ドラマCD編集

吹き替え編集

特撮編集

実写編集

ラジオ編集

ラジオドラマ編集

舞台編集

  • ヘロヘロQカムパニー作品
  • 長沢美樹プロデュース
  • 新・幕末純情伝
  • TRANS
  • ビューティフルサンデー
  • カプセル兵団
    • 「ダストシューター」(2003年5月3日-5日)
    • 「D・N・A2〜何処かでなくしたあいつのアイツ〜」(2004年1月28日〜2月1日)
    • 「DUSTSHOOTERS-ダストシューターズ-」(2013年2月28日〜3月3日)

テレビCM編集

  • JT HALFTiME 缶コーヒー 「完熟豆」(1993年)

アプリ編集

  • CoCoICHIナビ(2017年、伊吹マヤ)

その他コンテンツ編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 三木浩也編「今さら友だちのWA!!(長沢美樹→?)」『アニメV 1997年10月号』学習研究社、1997年10月1日、雑誌01591-10、111頁。
  2. ^ サル@マガ 2008.07.31 長沢美樹”. アトミックモンキー (2008年10月6日). 2015年9月22日閲覧。
  3. ^ 2008年10月06日”. 文化放送「智一・美樹のラジオビッグバン」 (2008年7月31日). 2015年9月22日閲覧。
  4. ^ 2012年08月11日”. 文化放送「智一・美樹のラジオビッグバン」 (2012年8月11日). 2015年9月22日閲覧。
  5. ^ 10年、20年と息の長い声優でいたい。声優・長沢美樹インタビューVol.2”. 雷鳥社「声優になる!マガジン」 (2004年9月1日). 2015年9月22日閲覧。
  6. ^ CHARACTERS RYO - HAYAKAWA”. プリンセスナイン. @nifty AnimeFan. 2017年3月9日閲覧。
  7. ^ GATE KEEPERS”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2017年3月19日閲覧。
  8. ^ スタッフ&キャスト”. 陸上防衛隊まおちゃん. 2016年6月27日閲覧。
  9. ^ “ブラック・ジャック21”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/124.html 2016年5月8日閲覧。 
  10. ^ キャラクター 幻影旅団編”. HUNTER×HUNTER. 2012年7月9日閲覧。
  11. ^ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 TV版”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月6日閲覧。
  12. ^ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q”. メディア芸術データベース. 2016年8月9日閲覧。
  13. ^ 青の6号”. GONZO公式サイト. 2016年5月16日閲覧。
  14. ^ 『電撃Girl's Style』2011年11月号より
  15. ^ CHARACTERS”. ネルケと伝説の錬金術士たち 〜新たな大地のアトリエ〜. コーエーテクモゲームス. 2018年11月8日閲覧。
  16. ^ 製品情報”. フェニックス・エンタテインメント. 2017年10月1日閲覧。
  17. ^ “声優が公共施設案内 富士市、音声プロジェクト始動”. 静岡新聞アットエス (静岡新聞社). (2019年7月10日). https://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/655593.html 2019年7月10日閲覧。 

外部リンク編集