銀河 (レストラン船)

瀬戸内海汽船が運航しているレストラン船

銀河(ぎんが)は、瀬戸内海汽船が運航しているレストラン船

銀河
GINGA setonaikaikisen.JPG
宮島港に接岸中の本船
基本情報
船種 レストラン船
船籍 日本の旗 日本
所有者 瀬戸内海汽船
運用者 瀬戸内海汽船
建造所 神田造船所(第280番船)[1]
建造費 約8億円[2]
航行区域 平水[1]
船級 JG(第二種船)[1]
経歴
起工 1983年10月4日[1]
進水 1983年12月22日[1]
竣工 1984年3月21日[1]
就航 1984年
現況 就航中
要目
総トン数 575 トン[1]
載貨重量 97.40 トン[1]
排水量 685.59 トン(満載)[1]
全長 58.80 m[1]
垂線間長 52.00 m[1]
型幅 9.60 m[1]
型深さ 3.85 m[1]
満載喫水 2.58 m[1]
機関方式 ディーゼル
主機関 ヤンマー T220-ST 2基[1]
推進器 4翼2軸[1]
最大出力 1,800 PS(連続)[1]
定格出力 1,530 PS(常用)[1]
最大速力 15.789ノット[1]
航海速力 14.2ノット[1]
航続距離 670海里[1]
旅客定員 500名[1]
乗組員 23名[1]
テンプレートを表示

概要編集

神田造船所で建造され、1984年に就航した。中四国唯一のレストラン船である。

瀬戸内海汽船は1979年よりスキッパータイプの遊覧船「南十字星」を運航していたが、本四架橋建設に伴う広島-松山・福山-多度津航路の減収や他社との競合を見越しての新規事業開拓を行うべく本船が建造された[2]。船体は瀬戸内に古くから残るスタイルをかたどっている[2]

広島港宇品旅客ターミナルを発着、広島湾を遊覧するレストラン船として、ランチクルーズ、ディナークルーズを中心に運航されており、船上ウエディング、修学旅行団体などのチャータークルーズにも対応する。ランチクルーズでは、宮島での下船観光が可能である(片道は高速船利用)。

船内編集

1階
  • ダイニング(50名)
  • エクセレントルーム
  • クルーズショップ
  • インフォメーション
2階
  • メインダイニング(100名)
  • デッキテラス(30名)
3階
  • ロイヤルルーム(20名)
  • 特別室
  • デッキテラス
  • プロムナード

事故・インシデント編集

錨泊中の衝突編集

1984年8月21日、18時58分ごろ、昭和60年台風第10号の接近に伴い、広島港宇品灯台の南南東約1,300メートルの地点で投錨して仮泊中だった本船に、走錨により操船困難となった自動車運搬船サターンダイヤモンドが衝突した。サターンダイヤモンドの右舷船首部が、本船の船首に後方から約70度の角度で衝突、サターンダイヤモンドと本船は錨鎖が絡んだまま、宇品島の方向へ圧流されたが、本船が錨鎖の根付けシャックルを解放して離脱した。衝突により本船は船首部が内側に曲損、前後のマスト、煙突、ハンドレール等に損傷を生じた。サターンダイヤモンドは右舷前部および左舷中央部外板に凹損を生じた。事故原因は、空倉状態のサターンダイヤモンドが、錨を増やすなど対策をとらずに走錨し、抜錨後の操船の準備も不十分で揚錨後に操船の自由を失ったため、とされた[3]

二子瀬戸での座礁編集

2012年11月14日、15時6分、松山港から屋代島(周防大島)の伊保田港に向かっていた本船は、二子瀬戸を西行中、風および潮流に圧流され二神島北西の根ナシ礁に乗り揚げた。修学旅行中の神奈川県立保土ヶ谷高等学校の団体162名が乗船していたが、負傷者はなく来援した僚船および巡視艇へ移乗した。乗り揚げにより、本船は船底に破口を伴う凹損、左舷推進器翼の欠損、左舷ビルジキールの曲損などを生じ、燃料タンクに浸水した。破口部の応急修理後、自力で造船所へ回航、修理が行われた。事故原因は、操船していた甲板長の船位の確認が不十分だったため、とされた[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 船の科学(1984年7月号,p22)
  2. ^ a b c 月刊神戸っ子1988年12月号「海・船・港 人気を呼ぶ瀬戸内クルージング"銀河"」 - 月刊神戸っ子
  3. ^ 広島地方海難審判庁 (1985-08-06) (PDF). 昭和59年広審第126号 旅客船銀河自動車運搬船サターンダイヤモンド衝突事件 (Report). 海難審判・船舶事故調査協会. http://www.maia.or.jp/pdf/14yh123.pdf 2017年1月3日閲覧。. 
  4. ^ 広島地方海難審判所 (2014-03-26) (PDF). 平成25年広審第33号 旅客船銀河乗揚事件 (Report). 国土交通省海難審判所. http://www.mlit.go.jp/jmat/saiketsu/saiketsu_kako/26nen/5hs/hs2603/25hs033.html 2017年1月3日閲覧。. 

参考文献編集

  • 「新造船写真集(No.429)」『船の科学』第37巻第7号、船舶技術協会、1984年7月10日、 22頁、 ISSN 0387-0863NDLJP:32318652017年1月3日閲覧。

外部リンク編集