メインメニューを開く
 
錦小路頼徳
Nishikinokouji Yorinori.jpg
錦小路頼徳(『高名像伝:近世遺勲. 地』)
時代 江戸時代後期
生誕 天保6年4月24日1835年5月21日
死没 元治元年4月27日1864年6月1日
別名 字:一貫、変名:桑原頼太郎
官位 従四位上右馬頭正四位
主君 孝明天皇
氏族 唐橋家豊岡家錦小路家
父母 父:唐橋在久、養父:豊岡治資
養父:錦小路頼易
兄弟 頼徳、信言
養兄弟:唐橋在光豊岡随資町尻量衡
養子:頼言
テンプレートを表示

錦小路 頼徳(にしきこうじ よりのり)は、江戸時代後期の公家文章博士唐橋在久の長男。錦小路頼易の養子。官位従四位上右馬頭正四位は一貫。

経歴編集

豊岡治資、その後、錦小路頼易の養嗣子となる。嘉永4年(1851年)に叙爵を受け、2年後に大和権介に任じられる。安政5年(1858年)の廷臣八十八卿列参事件に参加し、以後は尊皇攘夷派として活躍する。

文久2年(1862年)、従四位上・右馬頭となる。同年、公武合体派久我建通の弾劾に加担、5月11日国事御用書記に補された。翌文久3年(1863年)2月、壬生基修と共に庶政刷新と攘夷貫徹を求める建言を提出して国事寄人に任じられ、孝明天皇の攘夷祈願の為の石清水八幡宮行幸に随従した。同年の八月十八日の政変によって失脚し、三条実美、壬生基修、三条西季知東久世通禧四条隆謌澤宣嘉と共に長州藩に落ち延びる(七卿落ち)。これによって官位剥奪の処分を受ける。

後に桑原頼太郎の変名を用いて長州攘夷派と行動を共にするが、赤間関砲台視察中に病に倒れ、同地で30歳の生涯を閉じた[注釈 1]。没後、王政復古時に官位を復され、明治3年(1870年)に正四位を贈られた。

備考編集

  • 辞世の歌は「はかなくも 三十年の夢は さめにけり 赤間の関の 夏の夜の雲」。

系譜編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ なお、七卿のうち澤宣嘉は生野の変で決起したものの失敗し、再度長州藩領に戻るが、他の五卿は筑前大宰府延寿王院に移転した。

出典編集