メインメニューを開く

三条 実美(さんじょう さねとみ、旧字:三條實美天保8年2月7日1837年3月13日) - 明治24年(1891年2月18日)は、日本公卿政治家位階勲等爵位は、正一位大勲位公爵梨堂(りどう)。変名は梨木 誠斉

三条 実美
さんじょう さねとみ
Sanetomi Sanjo formal.jpg
三条実美(『近世名士写真 其1』より)
生年月日 1837年3月13日
天保8年2月7日
出生地 日本の旗 日本 山城国京都
(現:京都府京都市
没年月日 (1891-02-18) 1891年2月18日(53歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京府東京市麻布区麻布市兵衛町
前職 公卿
所属政党 無所属
称号 正一位
大勲位菊花大綬章
公爵
配偶者 三条治子
子女 三条公美
三条公輝
河鰭実英
閑院宮載仁親王妃智恵子
毛利美佐子
大谷章子
平松高子
高倉篤子
親族 三条季晴(高祖父)
蜂須賀宗鎮(高祖父)
山内豊敷(高祖父)
毛利重就(高祖父)
三条実起(曾祖父)
一条輝良(曾祖父)
山内豊雍(曾祖父)
三条公修(祖父)
山内豊策(祖父)
三条実万(父)
鷹司輔煕(義父)
東三条公恭(養子)
三条公睦(兄)
河鰭実文(弟)
閑院宮載仁親王(娘婿)
毛利元昭(娘婿)
大谷光演(娘婿)
高倉篤麿(娘婿)
三条実憲(孫)
三条実春(孫)
三条公隆(曾孫)
竹田恒泰(玄孫) (次男 三条公輝の娘 恒徳王妃光子の孫)

内閣 三條暫定内閣
在任期間 1889年10月25日 - 1889年12月24日

日本の旗 初代 内大臣
在任期間 1885年12月22日 - 1891年2月18日

在任期間 1871年9月13日 - 1885年12月22日

在任期間 1869年8月15日 - 1871年9月13日

在任期間 1868年2月10日 - 1868年2月18日

その他の職歴
日本の旗 貴族院議員
1890年2月 - 1891年2月18日)
テンプレートを表示
若き日の三条実美(『幕末・明治・大正 回顧八十年史』より)

右大臣太政大臣内大臣内閣総理大臣兼任貴族院議員などを歴任した明治政府の最高首脳人物の一人。元勲

目次

生涯編集

生い立ち編集

天保8年(1837年)、公卿三条実万の三男として生まれる。幼名は福麿。正室の子であったが、三男であったため、三条家庶流である花園公総の養子となる予定であった[1]。幼い頃から聡明であると知られ、また福麿の教育係であった儒者富田織部の影響で、尊皇意識が高かった[2]

安政元年(1854年)2月、次兄で三条家の嗣子であった三条公睦が早世した。公睦には嫡子公恭がおり、本来であれば公恭が継ぐはずであったが、富田織部の強い推挙によって、4月に嗣子となった[3]。8月には元服し、実美と名乗った[4]。「美」の字を使った名乗りは本来「よし」や「はる」と読むが、実万はこれを忌み、儒者池内大学の勧めにより「実美」は「さねとみ」と読むこととなった[5]。またこの際に公恭を養子として迎えている[5]

尊攘派公家の代表編集

安政5年、安政の大獄で父・実万が隠居・蟄居の処分を受けると、実美は正式に三条家の家督を相続した。父と同じく尊皇攘夷(尊攘)派の公家として活発な政治活動を行った。文久2年(1862年)7月から8月にかけ、公武合体派の公卿であった内大臣久我建通岩倉具視を始めとする四奸二嬪を激しく攻撃し、失脚に追いやっている。14代将軍の徳川家茂に攘夷を督促する勅使を派遣するよう意見書を出し、10月には自らその1人として江戸へ赴いている[6]。また国事御用掛となった。長州藩と密接な関係を持ち、姉小路公知と共に尊皇攘夷激派の公卿として幕府に攘夷決行を求め、孝明天皇の大和行幸を企画した。

八月十八日の政変編集

文久3年(1863年)には、中川宮公武合体派の皇族・公卿と薩摩藩会津藩らが連動したクーデター・八月十八日の政変により朝廷を追われ、京都を逃れて長州へ移る(七卿落ち)。長州藩に匿われるが、元治元年(1864年)の第一次長州征伐(幕長戦争)に際しては、福岡藩へ預けられる。太宰府へと移送され、3年間の幽閉生活を送った。また、その途中に宗像唐津街道赤間宿に1ヵ月間宿泊した。この間に、薩摩藩の西郷隆盛や長州藩の高杉晋作らが太宰府の延寿王院に集まり、時勢を語り合った。この延寿王院には坂本龍馬も訪ねてきている。

明治政府編集

慶応3年(1867年)の王政復古で表舞台に復帰、成立した新政府で議定となる。翌慶応4年(1868年)には副総裁。戊辰戦争においては、関東観察使として江戸へ赴く。明治2年(1869年)には右大臣、同4年(1871年)には太政大臣となった。

明治6年(1873年)の征韓論をめぐる政府内での対立では、西郷らの征韓派と岩倉具視大久保利通らの征韓反対派の板挟みになり、その心労から人事不省状態に陥り、大久保や吉井友実らの周旋で岩倉が太政大臣代理となって事態を収拾した(明治6年の政変)。明治15年(1882年)、大勲位菊花大綬章を受章する。明治18年(1885年)には太政官制が廃止されて、内閣制度が発足したため、内大臣に転じた。

黒田内閣編集

明治22年(1889年)、折からの条約改正交渉が暗礁に乗り上げ、外務大臣の大隈重信が国家主義団体・玄洋社の団員に爆裂弾を投げつけられて右脚切断の重傷を負うという事件が発生した。進退窮まった黒田内閣は、1週間後の10月25日、全閣僚の辞表を提出した。ところが、明治天皇は、黒田清隆の辞表のみを受理して、他の閣僚には引き続きその任に当たることを命じるとともに、内大臣の実美に内閣総理大臣を兼任させて、内閣を存続させた。この時点で大日本帝国憲法はすでに公布されていたが、まだ施行はされていなかった。諸制度の運用に関してはまだ柔軟性があり、天皇の気まぐれもまだ許容された時代だった。

実美は明治2年(1869年)に太政官制が導入されて以来、実権はさておき、名目上は常に明治政府の首班として、諸事万端を整えることに努めてきたが、伊藤博文の主導する内閣制度の導入によって、これに終止符が打たれたのは、この4年前のことだった。伊藤が内閣総理大臣に就任したことに伴って、実美は内大臣に就任した後は、天皇の側近としてこれを「常侍輔弼」することになったのだが、そもそも内大臣府は実美処遇のために創られた名誉職であり、実際は彼を二階へ上げて梯子を外したも同然だった。これに対して、かつて実美に仕えていたことがある尾崎三良(元老院議官)は、実美に対して強く抗議すべきであると進言したが、実美は「国家将来のためのことであり、私自身の問題ではない」として、尾崎に対して軽挙を戒めている[7]。明治天皇が実美に首相を兼任させたのは、上記の実美の境遇を気の毒に思ったことが影響している。

天皇が実美に下した命は「臨時兼任」ではなく「兼任」であり、しかも、その後は何の沙汰も下さない日が続いた。天皇が次の山縣有朋組閣の大命を下したのは実に2ヵ月も経った同年12月24日のことだった。そのため、この期間はひとつの内閣が存在したものとして、これを「三条暫定内閣」と呼ぶことになった。

しかし、やがて憲法が施行され、内閣総理大臣の「臨時兼任」や「臨時代理」が制度として定着すると、この実美による総理兼任の背後事情は、次第に過去の特別な例外として扱われるようになった。今日ではこの2ヵ月間に「内大臣の実美が内閣総理大臣を兼任していた」とはしながらも、それは「黒田内閣の延長」であって「実美は歴代の内閣総理大臣には含めない」とすることが研究の趨勢となっている。

晩年編集

 
護国寺(東京都文京区)内 三条実美墓
 

明治24年(1891年)、インフルエンザ罹患により53歳で死去。死の直前に正一位を授与[注釈 1]国葬をもって送られた。東京の旧居は目黒区目黒1丁目(現ホテルプリンセスガーデン)であるが、京都御所に隣接した三条邸跡の梨木神社に、大正時代になって合祀された。墓所は東京都文京区大塚の護国寺にある。

人物編集

  • 14、5歳の頃、公家の子弟の間では「軍さ事(いくさごと)」という遊びが流行っていた。他の子供が有名な武将の紋を旗印にしていたが、実美は日の丸の紋を用いた。「お日様が戦をするのはおかしい」と言われた実美は、「これは国の印である。国と国と軍さする時はこの印でなければならぬ」と返したという[2]
  • 七卿落ちの途中、長州藩に匿われていた折の歌碑が萩市の明神池にある。また、宗像市の唐津街道赤間宿に1ヵ月間宿泊した記念に、赤間には「五卿西遷の碑」がある。太宰府天満宮の延寿王院前に「七卿落ち」碑、邸内に「五卿遺跡」碑があるが、太宰府市、筑紫野市周辺には実美に関係するものが残っている。
  • 幕末には尊攘派の公家として活動する一面、極めて公家風の雰囲気を持つ温和な人物であったらしい。明治にはその温和な性格から、政府内の対立を調停する役割も果たした。
  • 内閣制度移行に際し、誰が初代内閣総理大臣になるかが注目された。衆目の一致する所は、太政大臣として名目上ながらも政府のトップに立っていた三条と、大久保の死後事実上の宰相として明治政府を切り回し内閣制度を作り上げた伊藤だった。しかし三条は、藤原北家閑院流の嫡流で清華家の1つ三条家の生まれという高貴な身分、公爵である。一方伊藤といえば、貧農の出で武士になったのも維新の直前という低い身分の出身、お手盛りで伯爵になってはいるものの、その差は歴然としていた。太政大臣に代わる初代内閣総理大臣を決める宮中での会議では、誰もが口をつぐんでいる中、伊藤の盟友であった井上馨は「これからの総理は赤電報(外国電報)が読めなくてはだめだ」と口火を切り、これに山縣有朋が「そうすると伊藤君より他にはいないではないか」と賛成、これには三条を支持する保守派の参議も返す言葉がなくなった。つまり英語力が決め手となって三条は初代内閣総理大臣になり損ねたのである。
  • 新政府樹立と共に、ほとんどの公卿が閑職に追いやられた中、希な経歴の持ち主であった。また、最後の太政大臣として太政官制を最後まで擁護しながらも、内閣制度の発足に伴い、内大臣職を宛てがわれると、これが三条処遇のために作られた名誉職である事を承知の上であっさりと引き受け、初代内閣総理大臣・伊藤博文の門出を祝った。
  • キリスト教嫌いで知られ、西南戦争当時に博愛社(後の日本赤十字社)が結成された際、白地赤十字の標章を「耶蘇のしるしじゃ」と認めず、日章の下に赤の横線1本をひいたものに変えさせた。
  • 事典等では常用漢字体で「三条実美」と表記されることが多いが[8]内閣官房内閣広報室が運営する総理大臣官邸ウェブサイトでは「三條實美」[9]と表記している。
  • 養嗣子であった公恭には海外留学をさせるなど世話をしているが、公恭は遊興にふけり、度々金銭問題を起こした。明治19年(1886年)6月25日に廃嫡している[10]

評価編集

  • 伊藤博文
    • 「公の資性は寛仁大度にして誠によく衆を容るるの量があった。しかして外は温厚の君子であったが、内はまた自ら大義を守って、いやしくも屈すべからざるの節を持って居られた御方である。その平素の行状は方正にして謹直、少しも人と争議するようのことはなかった。蓋し完璧無瑾の人であった。長州琉寓の当時、毛利家は非常に公の一行を優遇したので、幕府から嘩ましく云われたことがある。七卿の中でも公は第一位の席を占めて居られた御方である」[11]
    • 「その徳望はもとより世人の知る所であって、公が在世中は朝野共に重望を寄せ、公に向っては一回も悪しき批評をするものはなかった。ソコが條公の條公たる所以である」[12]

系譜編集

藤原北家閑院流の嫡流で、太政大臣まで昇任できた清華家のひとつ・三条家の生まれ。

父 贈右大臣・実万

土佐藩主・山内豊策の女・紀子

関白鷹司輔煕の九女・治子(1848年 - 1924年

男子 三条公美三条公輝河鰭実英

女子 閑院宮載仁親王妃智恵子毛利元昭公爵夫人・美佐子、大谷光演伯爵夫人・章子[13]、平松時陽子爵夫人・高子[13]高倉篤麿子爵夫人・篤子[13]

養子 東三条公恭(兄・公睦の子)、明治19年(1886年)6月25日に廃嫡[14]

官歴編集

栄典編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 生前の正一位叙位は史上6人目・745年ぶり。また生前に正一位を叙位された最後の例である。

出典編集

  1. ^ 笹部昌利 2001, p. 26.
  2. ^ a b 内藤一成 2019, p. 11-12.
  3. ^ 笹部昌利 2001, p. 26-27.
  4. ^ 内藤一成 2019, p. 13.
  5. ^ a b 内藤一成 2019, p. 13-14.
  6. ^ 笹部昌利 2001, p. 34-38.
  7. ^ 『尾崎三良自叙略伝』
  8. ^ 例:国会図書館サイト
  9. ^ 「黑田内閣-明治21年4月30日成立」『黑田内閣内閣官房内閣広報室
  10. ^ 刑部芳則 2016, p. 28-27.
  11. ^ 『伊藤侯,井上伯,山県侯元勲談』
  12. ^ 『伊藤侯,井上伯,山県侯元勲談』
  13. ^ a b c 『平成新修旧華族家系大成』上巻、697頁。
  14. ^ 刑部芳則 2016, p. 28.
  15. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  16. ^ 『官報』第1694号「彙報」1889年2月25日。
  17. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。

参考文献編集

  • 内藤一成『三条実美 維新政権の「有徳の為政者」』中公新書、2019年
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 中央新聞社 編『伊藤侯,井上伯,山県侯元勲談』 - 国立国会図書館デジタルコレクション、文武堂、1900年
  • 笹部昌利「幕末期公家の政治意識形成とその転回 - 三条実美を素材に」『仏教大学総合研究所紀要』第8巻、佛教大学総合研究所、2001年、 25-44頁、 NAID 120005256567
  • 刑部芳則東三条公恭の海外留学」 (pdf) 『総合文化研究』第18巻、日本大学商学部、2016年、 40-27頁。

関連文献編集

演じた人物編集

関連項目編集

外部リンク編集

公職
先代:
(新設)
  内大臣
初代:1885年12月22日 - 1891年2月18日
次代:
徳大寺実則
先代:
鷹司政通
  太政大臣
1871年 - 1885年
次代:
(廃止)
先代:
大炊御門家信
  右大臣
1869年 - 1871年
次代:
岩倉具視
先代:
中山忠能
  神祇伯
1871年
次代:
(廃止)
日本の爵位
先代:
叙爵
公爵
三条家初代
1884年 - 1891年
次代:
三条公美