鍋島光茂

日本の江戸時代の大名、肥前国佐賀藩の第2代藩主

鍋島 光茂(なべしま みつしげ)は、江戸時代前期の大名歌人肥前国佐賀藩2代藩主。二条流歌道の宗匠である三条西実教より古今伝授を受けた。

 
鍋島光茂
Nabeshima Mitsushige.jpg
鍋島光茂像(高伝寺蔵)
時代 江戸時代前期
生誕 寛永9年5月23日1632年7月10日
死没 元禄13年5月16日1700年7月2日
改名 翁介(幼名)、光茂
戒名 乗輪院殿全機良運大居士
官位 従四位下丹後守侍従
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉
肥前佐賀藩
氏族 鍋島氏
父母 鍋島忠直松平忠明娘ムリ姫
鍋島勝茂
上杉定勝娘虎姫松平光通養女甘姫
執行氏、鳥巣氏、真木氏ら
綱茂吉茂多久茂文宗茂、千、
伊東祐実側室、水野忠直正室、
鍋島茂正室、鍋島直恒正室、ら41人
興祥院
テンプレートを表示

略歴編集

寛永9年(1632年)、初代藩主・鍋島勝茂の四男である鍋島忠直の長男として誕生した。元服して3代将軍徳川家光より偏諱を受け光茂と名乗る。

明暦3年(1657年)、祖父・勝茂の跡を継ぐ。寛文2年(1662年)、幕府に先んじて殉死を禁止した。天和3年(1683年)、格式差の無かった蓮池藩小城藩鹿島藩ら三支藩に三家格式を制定して、佐賀藩の支配下に置いた。元禄4年(1691年)、佐賀城内二の丸に聖堂を建立した。元禄8年(1695年)に隠居し、家督を長男の綱茂に譲った。

元禄13年(1700年)、死去。享年69。

山本常朝は光茂に小姓として仕え、光茂の死後出家、田代陣基の対談から『葉隠』を生み出した。

三支藩の統制編集

佐賀藩には蓮池藩・小城藩・鹿島藩の三支藩があり、藩主は初代藩主・鍋島勝茂の子や弟であったことから、当初は格式の差は無かった。しかし、光茂は支藩への統制を強め、延宝5年(1677年)には小城藩2代藩主・鍋島直能が藩祖である鍋島直茂称した加賀守を名乗り、光茂に咎められた。また、延宝6年(1678年)には、蓮池藩2代藩主・鍋島直之が、独断で八朔の祝いとして4代将軍徳川家綱に太刀と馬代を献上し、光茂はこれも咎めた。さらに、支藩の家臣を陪臣として、露骨な差別待遇を取ったことから、佐賀に在住していた支藩家臣は佐賀を去っていった。三支藩は連名で光茂に抗議したが、光茂は天和3年(1683年)、三家格式を制定して三支藩を完全に支配下に置くことに成功し、さらに世禄制を実施した。

系譜編集

子女は計41人

その他編集

ドラマ『水戸黄門』(当時は「ナショナル劇場」)第5部・第24話「二人の御老公(佐賀)」(1974年放送)では森繁久彌が演じ、水戸光圀東野英治郎)の親友であり悪友という設定となっている。ちなみに、森繁は光圀役の候補として挙げられていた。