メインメニューを開く

鍋島忠直

日本の江戸時代の大名、肥前国佐賀藩の世嗣
鍋島忠直の墓(高伝寺

鍋島 忠直(なべしま ただなお、慶長18年(1613年) - 寛永12年1月28日1635年2月20日))は、肥前佐賀藩の世嗣。初代藩主・鍋島勝茂の四男。母は岡部長盛の娘・菊姫徳川家康の養女)。正室は松平忠明の娘・ムリ姫(恵照院)。子は鍋島光茂(長男)。幼名は翁助。官位は従五位下、肥前守[1]

勝茂の四男であるが、徳川家から迎えた菊姫との間にできた男子であったため、長兄の元茂など3人の兄を差し置いて嫡男として扱われる[2]元和8年(1622年)、徳川秀忠から偏諱の「忠」の字と松平の氏姓を授けられた。この鍋島家の松平姓および将軍の偏諱拝領は、この時以降幕末まで代々継承される[3](一方、の「直」の字は祖父の直茂から取ったものである)。第2代藩主の座を約束されていたが、疱瘡にかかり早世する。享年23。法名は興国院殿敬英賢崇大居士。

代わって、忠直の長男の光茂が勝茂から嫡孫継承することとなった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 寛政重修諸家譜』。
  2. ^ 藤野保編『佐賀藩の総合研究』吉川弘文館、1981年。
  3. ^ 村川浩平『日本近世武家政権論』、2000年。