メインメニューを開く
鍋島宗教像(高伝寺蔵)

鍋島 宗教(なべしま むねのり、享保3年4月20日1718年5月19日) - 安永9年2月2日1780年3月7日))は、肥前国佐賀藩の第6代藩主。

第5代藩主・鍋島宗茂の長男。母は久世通夏の娘・貞姫(貞樹院)。正室は中院通躬の娘・綱姫。子は娘(伊達村俊室)。幼名は萬吉。初名は教茂(のりしげ)。官位は従四位下、丹後守。

元文3年(1738年)、父の隠居により家督を相続する。従四位下・侍従・丹後守に叙せられ、父と同じく将軍徳川吉宗より偏諱の授与を受けたが、父と同名になるのを避け、を「宗教」とした。この頃の佐賀藩の財政難は深刻で借銀高は増加、本藩の財政は家中の献米・献銀に依存していた。

延享2年(1745年)頃から自身の後継問題や、宗教を隠居させようとする動きなどがあったため、蓮池藩の鍋島直恒や武雄領の鍋島茂昭など、幕閣を巻き込んで一族が混乱した。

この混乱の処罰として、幕命により寛延2年(1749年)末に諫早茂行が強制隠居処分となり、その影響で寛延3年(1750年)には諫早一揆が起きた。

宝暦10年(1760年)に隠居し、家督を弟の鍋島重茂に譲った。安永9年(1780年)に63歳で死去した。法名は光徳院殿瑞章良麟大居士。