鍋島 直晴(なべしま なおはる)は、肥前国鹿島藩11代藩主。

 
鍋島直晴
時代 江戸時代後期
生誕 文政4年6月26日1821年7月25日
死没 天保10年8月21日1839年9月28日
改名 松丸(幼名)、直晴
別名 孫四郎、織部(通称
戒名 俊英院殿文山光輝大居士
墓所 佐賀県鹿島市古枝町久保山の普明寺
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶
肥前鹿島藩
氏族 鍋島氏
父母 鍋島直彜鍋島直愈娘柏岡
鍋島直永
兄弟 直晴鍋島茂真
鍋島茂体娘於淳
直賢
テンプレートを表示

略歴編集

文政4年(1821年)6月26日、第9代藩主・鍋島直彜の長男として生まれる。直彜は直晴が生まれる前年に隠居していたため、直晴は第10代藩主・直永(従兄にあたる)の養子となり、天保10年(1839年)6月4日の直永の隠居により家督を継いだ。

聡明で将来を期待されていた人物とされているが、家督相続後の8月21日に参勤交代途上の伏見で急死した。享年19。跡を養子(直永の弟)の直賢が継いだ。

系譜編集