鍋島斉直

日本の江戸時代の大名、肥前国佐賀藩の第9代藩主

鍋島 斉直(なべしま なりなお)は、肥前国佐賀藩9代藩主。8代藩主・鍋島治茂の長男。母は側室・福岡氏。正室は池田治道の娘(浄諦院)。側室に石井尚方の娘、石井本昭の娘など。幼名は祥太郎。初名は直懿(なおたか)。

 
鍋島斉直
Nabeshima Narinao.jpg
鍋島斉直像(高伝寺蔵)
時代 江戸時代後期
生誕 安永9年9月23日1780年10月20日
死没 天保10年1月28日1839年3月13日
改名 祥太郎、直懿、斉直
戒名 巍松院殿桂翁道栄大居士
官位 従四位下侍従肥前守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
肥前佐賀藩
氏族 鍋島氏
父母 鍋島治茂、福岡氏
兄弟 斉直直道直彜直与、悌操院、誠、
中院通繁室、観、久世通理室、於哲、
鍋島斉直養女、於變、鍋島直正正室ら
池田治道次女幸
於増、石井本昭娘、眠ら
神代賢在、益子、直孝久世通熙室、
竈姫、直永茂真直正茂快、為、
茂元直賢、區、光、於民、文武
テンプレートを表示

経歴編集

寛政7年(1795年)、将軍徳川家斉より松平名字を授けられた[1]文化2年(1805年)、父・治茂の死により跡を継ぐ。将軍徳川家斉より偏諱を授けられ、初名の直懿から斉直に改名する。この頃、佐賀藩では1万5000貫の借金があり、財政が破綻寸前となっていた。このため、斉直は財政再建の藩政改革に取りかかることとなった。

斉直が打ち出した改革は行政組織の簡素化、つまり不必要な機関の撤廃による経費節減政策であった。まず、支藩である肥前鹿島藩の廃藩、次に長崎警備の任務の返上であった。特に長崎警備には莫大な費用がかかり、代々の藩主を苦しめていたため、斉直は年寄役の有田権之允に密命を与えて、長崎警備の任務を幕府に内密で熊本藩に引き継いでもらおうと画策したのである。

ところが、この密約が幕府に露見し、有田は切腹した。鹿島廃藩も他の支藩である蓮池藩小城藩の抵抗にあって失敗する。さらに文化5年(1808年)8月、フランス革命後のオランダの混乱に乗じてイギリス船フェートン号が長崎を襲い、オランダ商館員を拉致して長崎奉行松平康英を脅迫するフェートン号事件が発生した。佐賀藩が長崎警備の兵員を勝手に大きく減らしていたために、日本側はフェートン号の狼藉になすすべがなく、幕府は佐賀藩の責任を追及し、11月に100日の閉門を斉直に命じた。歌舞音曲の禁じられた佐賀城下は、正月にもかかわらず静まり返った。文政2年(1819年)には江戸藩邸が焼失した。文政11年(1828年)には死者1万人の大被害を及ぼした台風(シーボルト台風)の襲来で財政はさらに悪化し、借金は13万両に上った。

このため天保元年(1830年)、家督を十七男の斉正(直正)に譲って隠居した。しかし、隠居後も実権を握り、贅沢な私生活を送ったと言われている。天保10年(1839年)、60歳で死去。法名は巍松院殿桂翁道栄大居士。

系譜編集

脚注・出典編集

  1. ^ 村川浩平『日本近世武家政権論』、2000年、208頁。

参考文献編集

関連項目編集