鍵谷幸信

日本の英文学者、詩人、音楽評論家

鍵谷 幸信 (かぎや ゆきのぶ、 1930年7月26日 - 1989年1月16日)は、日本英文学者詩人音楽評論家

略歴編集

北海道旭川市出身。北海道旭川北高等学校を経て[1]慶應義塾大学文学部英文科卒。慶應義塾大学法学部助教授、教授。現代英米文学を専攻し、「エリオット詩集」「ウィリアムズ詩集」などの翻訳や研究書を発表。西脇順三郎門下の詩人で、西脇の全集編集にも携わる。

現代美術現代音楽ジャズにも造詣が深く、エッセイも多数執筆、「コーシンさん」の愛称で親しまれた[要出典]

著書編集

  • 西脇順三郎論』(思潮社) 1971年
  • 『音は立ったままやって来る』(集英社) 1977年
  • 『人はだれも音をきかない日はない』(集英社) 1977年
  • 『すれ違う音は泳ぐ光にとまどい』(集英社) 1978年
  • 『詩人西脇順三郎』(筑摩書房) 1983年
  • 『サティ ケージ デュシャン 反芸術の透視図』(小沢書店) 1984年

共著・編著編集

翻訳編集

  • 『四つの四重奏』(T.S.エリオット、紫星堂) 1955年
  • 『エリオット詩集』(上田保共訳、思潮社) 1965年
  • 『ウィリアムズ詩集』(訳編、思潮社、現代の芸術双書) 1968年
  • 『世界の詩 ジュニア版 3 イギリス・アメリカ』(安藤一郎共著、さ・え・ら書房) 1968年

脚注編集

  1. ^ http://www.asahikawakita.hokkaido-c.ed.jp/index.php?action=common_download_main&upload_id=96&nc_session=52v4tuul2e9ucuo57bg801nle2