長友恵子

児童文学翻訳家

長友 恵子(ながとも けいこ)は、児童文学翻訳家。

人物編集

北海道網走郡美幌町生まれ。ボストン大学経営大学院修了[1]。2004年『中世の城日誌』岩波書店にて産経児童出版文化賞JR賞を受賞[2]。「紙芝居文化の会」運営委員[3]。JBBY(日本国際児童図書評議会)会員。やまねこ翻訳クラブ会員。

文学賞受賞歴・候補歴等編集

  • 2003年『海賊日誌:少年ジェイク 帆船に乗る』岩波書店 - 厚生労働省推薦図書
  • 2003年『中世の城日記:少年トビアス 小姓になる』岩波書店 - 第51回産経児童出版文化賞JR賞[2]
  • 2004年『ドラゴンだいかんげい?』徳間書店 - 日本絵本賞候補作
  • 2014年『おうちにいれちゃだめ!』フレーベル館 - 第26回読書感想画中央コンクール指定図書[4]
  • 2016年『あなのなかには…』フレーベル館 - 第28回読書感想画中央コンクール指定図書[5]

主な翻訳リスト編集

絵本編集

[6]

  • 2000年『おおきな、お・お・き・いテックス』クレール・マシュレル 文、わきやまはなこ 絵、岩波書店ISBN 978-4579403998
  • 2003年『海賊日誌:少年ジェイク 帆船に乗る』リチャード・プラット 文、クリス・リデル 絵、岩波書店、ISBN 978-4001108668、…厚生労働省推薦図書
  • 2003年『中世の城日記:少年トビアス 小姓になる』リチャード・プラット 文、クリス・リデル 絵、岩波書店、ISBN 978-4001108675、…第51回産経児童出版文化賞JR賞
  • 2004年『星の王子さま』ジグソーパズル・ブック、サン・テグジュペリ 作、岩波書店、ISBN 978-4002200064
  • 2004年『ドラゴンだいかんげい?』デイヴィッド・ラロシェル 文、脇山華子 絵、徳間書店ISBN 978-4198619527、…日本絵本賞候補作
  • 2009年『ブタさんカバさんふたりはなかよし』シェーン・ロディ 作、サリー・アン・ランバート 絵、PHP研究所ISBN 978-4569689326
  • 2011年『ゆうかんなうし クランシー』ラチー・ヒューム 作、小学館ISBN 978-4097263203
  • 2013年『ミミちゃん どーこだっ?なつやすみ』キャサリン・ロッジ 作、文化出版局ISBN 978-4579404551
  • 2013年『ミミちゃん どーこだっ?まちへおでかけ』キャサリン・ロッジ 作、文化出版局、ISBN 978-4579404575
  • 2013年『おうちにいれちゃだめ!』ケヴィン・ルイス 作、ディヴィッド・エルコリーニ 絵、フレーベル館ISBN 978-4577041185、…第26回読書感想画中央コンクール指定
  • 2020年『せんそうがやってきた日』ニコラ・デイビス/作、レベッカ・コッブ/絵、鈴木出版ISBN 978-4790254072
  • 2021年『ビアトリクス・ポターの物語 -キノコの研究からピーターラビットの世界へ』 リンゼイ・H・メトカーフ/著、ジュンイ・ウー/絵、西村書店、ISBN 978-4867060278

図書

  • 2013年『ともだちはすんごくすんごくおっきなきょうりゅうくん』リチャード・バーン 作、文化出版局、ISBN 978-4579404612
  • 2014年『オオカミさん、いまなんじ?』デビ・グリオリ 作・絵、鈴木出版、ISBN 978-4790252788
  • 2016年『あなのなかには…』レベッカ・コッブ 作・絵、フレーベル館、ISBN 978-4577044063、…第28回読書感想画中央コンクール指定図書
  • 2019年『グレース・ホッパー:プログラミングの女王』ローリー・ウォールマーク 文、ケイティ・ウー 絵、岩崎書店ISBN 978-4265851287

児童書編集

[6]

  • 2006年『ひとりぼっちのねこ』ロザリンド・ウェルチャー 作、徳間書店、ISBN 978-4198622114
  • 2009年『ピーターと象と魔術師』ケイト・ディカミロ 作、岩波書店、ISBN 978-4001156355
  • 2020年『Peter Rabbit : Christmas is Coming(ピーターラビットのクリスマス - 25の物語のアドベント)』レイチェル・ボーデン 文、文化出版局、ISBN 978-4579404841
  • 2021年『ヤーガの走る家』ソフィー・アンダーソン 作、小学館、ISBN 978-4092906365

ヤングアダルト編集

[6]

脚注編集

出典編集