メインメニューを開く

長崎 純景(ながさき すみかげ、天文17年(1548年)? - 元和7年12月22日1622年1月25日))は戦国時代安土桃山時代城主キリシタン大名洗礼名は「ドン・ベルナルド」。大村純忠は岳父。

 
長崎純景
時代 戦国時代から江戸時代前期
生誕 天文17年(1548年)?
死没 元和7年12月22日1622年1月25日
別名 甚左衛門、頼純
霊名 ドン・ベルナルド
主君 大村純忠田中吉政大村喜前
柳河藩大村藩
氏族 長崎氏
父母 父:純方
兄弟 純景為英重方
正室:とら女(大村純忠の娘)
養子:大村頼直有田盛の子)
テンプレートを表示

肥前国西彼杵郡長崎に拠った。祖父・有馬康純長崎氏の養子に入り「長崎」を名乗る。戦国時代には大村氏に従属していた。反キリスト教西郷純堯深堀純賢兄弟による襲撃に悩まされ、純忠の薦めによって長崎をイエズス会に寄進した為、所領のほとんどを失う。その後も大村氏に仕えて、西郷・深堀氏の水軍による侵攻を幾度も撃退している。しかし、長崎郊外の所領も豊臣政権九州征伐によって長崎の一部として接収され、さらに1605年には幕府の差配によって僅かに残った所領も大村氏に与えられた為、まったく所領を失い、大村氏から700石の代地を提示されるが、これを蹴って大村氏を去り、各地を流転後、柳河藩主の田中吉政に仕える。田中家が断絶すると実弟の居る大村藩に戻り、100石で仕えている。元和7年(1622年)、時津にて没す。その後、長崎氏は純景の実弟・惣兵衛重方が養子先の戸町氏から戻って来て後を継ぐ事となる。

元禄15年(1702年)、子孫の大村内匠助長頼が現在の時津町浜田郷小島田の地に建てた純景夫妻の墓碑は「長崎甚左衛門の墓」として長崎県史跡に指定されている。