メインメニューを開く

長谷 信成(ながたに のぶなり)は、幕末公家、明治期の官僚華族子爵

 
長谷信成
Nagatani Nobunari.jpg
長谷信成
時代 江戸時代後期 - 大正時代
生誕 天保12年1月27日1841年2月18日
死没 大正10年(1921年11月26日[1]
主君 明治天皇
氏族 長谷家
父母 父:長谷信篤
阿野公誠長女・しず子、
四辻公績八女・光子、
大原重徳次女・閑子
信道
テンプレートを表示

目次

経歴編集

山城国京都参議長谷信篤の長男として誕生[1][2]美濃権介に任じられる[1][2]慶応2年8月1866年)朝廷刷新の二二卿建議(廷臣二十二卿列参事件)に加わり、同年12月差控となり、慶応3年2月1867年)に許された[2]

慶応3年12月9日1868年1月3日)王政復古を迎え、同月、秘書御用、参与助役となり、慶応4年1月14日1868年2月7日)参与に任じられた[3]。その後、会計事務局補加勢、同局権補、近臣、御厩御用掛、少納言侍従宮内大丞皇后宮亮、兼宮内少丞、白峯宮宮司兼大講義、宮中祗候、歌御会講頌御人数、御歌所参候、御歌御会始奉行などを務めた[2]

父・信篤の死去に伴い、1903年1月20日、家督を相続し子爵を襲爵した[1][4]

栄典編集

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『平成新修旧華族家系大成』下巻、234-235頁。
  2. ^ a b c d 『明治維新人名辞典』699-700頁。
  3. ^ 『百官履歴 上巻』276-278頁。
  4. ^ 『官報』第5863号、明治36年1月21日。
  5. ^ 『官報』第5688号「叙任及辞令」1902年6月21日。
  6. ^ 『官報』第1322号「叙任及辞令」1916年12月27日。

参考文献編集

  • 安岡昭男編『幕末維新大人名事典』下巻、新人物往来社、2010年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 日本歴史学会編『明治維新人名辞典』吉川弘文館、1981年。
  • 修史局編『百官履歴 上巻』日本史籍協会、1928年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第4版、1915年。


日本の爵位
先代:
長谷信篤
子爵
長谷家第2代
1903年 - 1918年
次代:
長谷信道