メインメニューを開く
長谷川謹介

長谷川 謹介(はせがわ きんすけ、安政2年8月10日1855年9月20日) - 大正10年(1921年8月27日[1])は、鉄道官僚技術者

目次

経歴編集

長門国厚狭郡千崎村[2](現在の山口県山陽小野田市)出身。1874年明治7年)に鉄道寮に出仕したが、1877年(明治10年)に鉄道寮が廃止されると、工部省技手に転じた。1892年(明治25年)、官を辞して日本鉄道の技師となり、1897年(明治30年)には岩越鉄道の嘱託技師も兼ねた。

1899年(明治32年)、台湾総督府民政長官後藤新平の招きで臨時台湾鉄道敷設部技師長に任命され[3]台湾総督府鉄道部技師長[4]、台湾総督府鉄道部長を歴任した。1908年(明治41年)、自らが手がけた台湾縦貫線の完成とともに辞任し、鉄道院に転じた。

東部鉄道管理局長、西部鉄道管理局長[5]などを務めた後、鉄道院理事[6]、鉄道院技監[7]を歴任し、1918年には鉄道院副総裁に就任した[1]

「台湾鉄道の父」などと呼ばれている[1]

親族編集

栄典・授章・授賞編集

脚注編集

  1. ^ a b c 『台湾見聞録』三栄、2019年。ISBN 978-4779639456。p.112。
  2. ^ 工学博士長谷川謹介伝 昭和12年7月 長谷川博士伝編纂委員会編 p.344。
  3. ^ 『官報』第4723号、明治32年4月4日。
  4. ^ 『官報』第4908号、明治32年11月9日。
  5. ^ 『官報』第8303号、明治44年2月28日。
  6. ^ 『官報』第868号、大正4年6月24日。
  7. ^ 『官報』第1308号、大正5年12月11日
  8. ^ 『官報』第908号「叙任」1886年7月12日。
  9. ^ 『官報』第2591号「敍任及辞令」1882年2月23日。
  10. ^ 『官報』第4764号「敍任及辞令」1899年5月22日。
  11. ^ 『官報』第6370号「叙任及辞令」1904年9月21日。
  12. ^ 『官報』第7899号「叙任及辞令」1909年10月21日。
  13. ^ 『官報』第883号「叙任及辞令」1915年7月12日。
  14. ^ 『官報』第1858号「叙任及辞令」1918年10月11日。
  15. ^ 『官報』第5395号「叙任及辞令」1901年6月28日。
  16. ^ 『官報』第6595号「叙任及辞令」1905年6月26日。
  17. ^ 『官報』第7194号「叙任及辞令」1907年6月24日。
  18. ^ 中野文庫 - 旧・勲一等瑞宝章受章者一覧(戦前の部)
  19. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  20. ^ 『官報』第1038号「叙任及辞令」1916年1月20日。

参考文献編集

  • 『代表的人物及事業』時事通信社、1913年。