メインメニューを開く

長谷 正人(はせ まさと、1959年8月 - )は日本の社会学者、早稲田大学文学学術院教授。専門は、文化社会学、コミュニケーション論。日本社会学会会員、日本映像学会会員、関西社会学会会員。

略歴編集

千葉県生まれ。1977年開成高等学校卒業。1983年早稲田大学第一文学部社会学専攻)卒業。1988年大阪大学大学院人間科学研究科(社会学)博士後期課程中退。その後、千葉大学教養部専任講師、同大学文学部助教授を経て、2000年より早稲田大学文学学術院教授。

人物編集

  • 早稲田大学に所属する社会学者。研究テーマを「写真・映画・テレビの社会的受容をめぐる研究」、「映像の存在論的考察」とし、映像(視覚)を主眼とした独特の文化社会学コミュニケーション論を展開。
  • 大阪大学大学院で現日本社会学会会長の井上俊人間科学部教授(当時)に師事。
  • 学術論文だけでなく「テレビだョ!全員集合―自作自演の1970年代」、「女優 山口百恵」等の社会風俗を学術的に切り込むなど硬軟併せた活躍を行っている。
  • 2005年小樽商科大学の国語入学試験問題で文章が採用された。

著書編集

単著編集

  • 『悪循環の現象学―「行為の意図せざる結果」をめぐって』(ハーベスト社1991年
  • 『映像という神秘と快楽―“世界”と触れ合うためのレッスン』(以文社2000年
  • 『映画というテクノロジー経験』(青弓社、2010年)
  • 『敗者たちの想像力―脚本家 山田太一』(岩波書店、2012年)
  • 『ヴァナキュラー・モダニズムとしての映像文化』(東京大学出版会、2017年)

編著編集

  • 『映像文化の社会学』(有斐閣、2016年)

共編著編集

共訳書編集

外部リンク編集