長野パラリンピック

長野パラリンピックは、1998年3月5日から3月14日に行われた第7回冬季パラリンピック長野オリンピックの後に長野県長野市を主会場として開催され、冬季パラリンピックではアジア初の開催となった。

長野パラリンピック
VII Paralympic Winter Games
開催都市 日本の旗 日本 長野市
参加国・地域数 32
参加人数 571
競技種目数 5競技34種目
開会式 1998年3月5日
閉会式 1998年3月14日
開会宣言 皇太子徳仁親王
選手宣誓 四戸竜英
審判宣誓 鷹野隆
最終聖火ランナー 丸山直也
主競技場 エムウェーブ
冬季
1994年リレハンメル 2002年ソルトレイクシティ  >
夏季
1996年アトランタ 2000年シドニー  >
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

目次

概要編集

今大会では知的障害者が初めてノルディックスキー距離競技に参加を認められた。しかし次期の夏季大会(シドニー)においてスペインが知的障害者のバスケットボールチームに健常の選手を潜り込ませて金メダルをさらったことが露見した。銀メダルのロシアチームにも不正が認められたため、以後は障害者のスポーツ祭典であるパラリンピックから知的障害者は再び排除されてしまうこととなった。また聴覚障害者精神障害者についてもパラリンピックの埒外におかれたままになっている。

開会式では神田うの鬼太鼓座などが出演した。

本大会の日本選手メダリスト編集

  • 金メダル
    • 大日方邦子(アルペンスキー女子滑降座位)
    • 武田豊(アイススレッジスピードスケート男子100m LW10)
    • 武田豊(アイススレッジスピードスケート男子500m LW10)
    • 武田豊(アイススレッジスピードスケート男子1000m LW10)
    • 土田和歌子(アイススレッジスピードスケート女子1500m LW11)
    • 土田和歌子(アイススレッジスピードスケート女子1000m LW11)
    • 松江美季(アイススレッジスピードスケート女子500m LW10)
    • 松江美季(アイススレッジスピードスケート女子1000m LW10)
    • 松江美季(アイススレッジスピードスケート女子1500m LW10)
    • 渡辺敏貴(アイススレッジスピードスケート男子1500m LW10)
    • 志鷹昌浩(アルペンスキー男子回転座位)
    • 小林深雪伴走中村由紀) (バイアスロン女子7.5km視覚障害)
  • 銀メダル
    • 安彦諭(距離男子5kmクラシカルIDクラス)
    • 青木辰子(アルペンスキー女子回転座位)
    • 奥山京子(アイススレッジスピードスケート女子1500m LW11)
    • 奥山京子(アイススレッジスピードスケート女子1000m LW11)
    • 大日方邦子(アルペンスキー女子スーパー大回転座位)
    • 野沢英二(バイアスロン男子7.5km LW10)
    • 金井良枝(アイススレッジスピードスケート女子1500m LW10)
    • 奥原明男(アイススレッジスピードスケート男子100m LW10)
    • 加藤正(アイススレッジスピードスケート男子500m LW11)
    • 加藤正(アイススレッジスピードスケート男子1000m LW11)
    • 武田豊(アイススレッジスピードスケート男子1500m LW10)
    • 土田和歌子(アイススレッジスピードスケート女子100m LW11)
    • 土田和歌子(アイススレッジスピードスケート女子500m LW11)
    • 中村博之(アイススレッジスピードスケート男子1500m LW11)
    • 松江美季(アイススレッジスピードスケート女子100m LW10)
    • 山口善久(アイススレッジスピードスケート男子100m LW11)
  • 銅メダル
    • 奥山京子(アイススレッジスピードスケート女子100m LW11)
    • 奥山京子(アイススレッジスピードスケート女子500m LW11)
    • 奥原明男(アイススレッジスピードスケート男子500m LW10)
    • 大日方邦子(アルペンスキー女子回転座位)
    • 加藤正(アイススレッジスピードスケート男子1500m LW11)
    • 金井良枝(アイススレッジスピードスケート女子100m LW10)
    • 金井良枝(アイススレッジスピードスケート女子1000m LW10)
    • 金井良枝(アイススレッジスピードスケート女子500m LW10)
    • 桑原明美(アイススレッジスピードスケート女子1500m LW11)
    • 篠原広樹(距離男子20kmクラシカルIDクラス)
    • 中村博之(アイススレッジスピードスケート男子1000m LW11)
    • 山口善久(アイススレッジスピードスケート男子500m LW11)
    • 渡辺敏貴(アイススレッジスピードスケート男子1000m LW10)

大会マスコット編集

1本の棒を持つスキーにのったウサギをデザインしたもので、冬季パラリンピックに於いてマスコットキャラクターを採用したのは、この長野大会が初めてとなった。

テーマ曲編集

「旅立ちの時〜Asian Dream Song〜」

近年では主に合唱曲として知られており、卒業式・離任式などの定番曲となっている。[要出典]久石は大会総合プロデューサーも担当している。

日本における社会的影響編集

1996年に行われたアトランタパラリンピックでは、日本のメディアの扱いが小さかった。しかし、長野パラリンピックは、メディアが積極的に報道したパラリンピックだった。競技の様子は、新聞では社会面などではなくスポーツ面報道でされるようになり、NHKは閉会式も生放送で放送した。そして、長野パラリンピック以降ではパラリンピックが積極的に報道されるようになった。

また、オリンピック選手団並びにパラリンピック選手団が着用する日本選手団の公式ユニフォームが統一デザインとなったのは、1998年の長野オリンピック及び長野パラリンピックからである。

競技会場編集

[1]

なお、アイススレッジスピードレースは、長野大会を最後にパラリンピックから除外された。

各国のメダル獲得数順位編集

長野パラリンピック 獲得メダル数
順位 NPC Name 合計
1   ノルウェー 18 9 13 40
2   ドイツ 14 17 13 44
3   アメリカ合衆国 13 8 13 34
4   日本 12 16 13 41
5   ロシア 12 10 9 31
6   スイス 10 5 8 23
7   スペイン 8 0 0 8
8   オーストリア 7 16 11 34
9   フィンランド 7 5 7 19
10   フランス 5 9 8 22
11   ニュージーランド 4 1 1 6
12   イタリア 3 4 3 10
13   チェコ 3 3 1 7
14   ウクライナ 3 2 4 9
15   カナダ 1 9 5 15
16   オーストラリア 1 0 1 2
16   デンマーク 1 0 1 2
18   スロバキア 0 6 4 10
19   スウェーデン 0 1 5 6
20   オランダ 0 1 1 2
21   ポーランド 0 0 2 2

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ㈶長野オリンピック冬季競技大会組織委員会:企画監修『長野オリンピック公式プログラム』実業之日本社、1998年、p176~177

関連項目編集

外部リンク編集