長順(ちょうじゅん、チャンシュウェン、満州語: ᠴᠠᠩᡧᡠᠸᡝᠨ、転写:cangšuwen[1]Zhangshun1839年1904年)は、の軍人・官僚。字は鶴汀

長順

満州正白旗人ダフル・ゴベイル氏(Dahūr Gobeir hala、達呼里郭貝爾氏)。ブトハ出身。藍翎侍衛となり、アロー戦争中に咸豊帝熱河に逃亡すると、それに随行した。馬賊朝陽を陥落させると、大学士文祥(ウェンシャン)に従って討伐にあたった。

ついで勝保に従って捻軍との戦いにあたり、直隷省山東省安徽省河南省を転戦し、咸豊11年(1862年)に潁州の包囲を解いた功で二等侍衛に昇進した。

その後、ドロンガ(多隆阿)に従って回民蜂起軍との戦いにあたり、同治3年(1864年)には寧夏を攻略して副都統に昇進した。同治6年(1867年)から蘭州に軍を移し、回民軍をしばしば打ち破った。同治8年(1869年)に鑲紅旗漢軍副都統となり、同治11年(1872年)にウリヤスタイ将軍となった。光緒2年(1876年)からバルクルクムルで大臣を務めた。その後、正白旗漢軍都統や内大臣を歴任し、光緒14年(1888年)に吉林将軍に就任した。

光緒20年(1894年)に日清戦争が始まると、黒竜江将軍のイクタンガ(依克唐阿)とともに援軍に赴き、日本軍に占領された海城を包囲したが、奪回に失敗した。戦争終結後、病を理由に故郷に帰ったが、光緒25年(1899年)に再び吉林将軍に起用された。翌年、義和団の乱に際して、ロシア東三省に進攻すると、奉天黒竜江は主戦論を唱えたが、長順は和平論を唱えたため、吉林のみ戦火を免れることができた。光緒30年(1904年)に日露戦争が発生すると、中立の態度を維持した。

死後、太子少保と忠靖の諡号が贈られた。

注釈編集

出典編集

先代
金順(ギンシュウェン)
ウリヤスタイ将軍
1872-1874
次代
エルヘブ(額勒和布)
先代
恭鏜(グンタン)
ウルムチ都統
1883-1884
次代
升泰(シェンタイ)
先代
希元(ヒユワン)
吉林将軍
1888-1896
次代
延茂(ヤンモー)
先代
延茂(ヤンモー)
吉林将軍
1899-1904
次代
富順(フシュン)