閉眼目(へいがんもく、Myopsida)はイカの分類群の一つ。閉眼亜目(へいがんあもく、Myopsina)とされることもある。

閉眼目
Squid eye.jpg
眼は完全に膜に覆われている
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 頭足綱 Cephalopoda
上目 : 十腕形上目 Decapodiformes
: 閉眼目 Myopsida
学名
Myopsida Naef1916

開眼目と容易に区別できる点として、瞼がないことが挙げられる。閉眼目の眼は透明な角膜に覆われ、開口部は前方の微視的な孔のみである。吸盤は輪状筋を有し、鈎状になることはない。口器周辺にも吸盤を持つ[1]。触腕掌部は単純な形態で、基部に固着器はない。軟甲はよく発達し、外套膜の全長にわたって伸びる。また、雌は卵包腺の横に開眼類にはない付属卵包腺 (accessory nidamental gland) を持つ。開眼類は1対の輸卵管を持つが、閉眼類は右の輸卵管を欠く。開眼類が浮遊性卵を産むのに対し、閉眼類は卵塊を基質に付着させる[2]

全世界の沿岸域で見られる。底生であり、海底近くで摂餌する[1][2]

大きさは様々で、成体でも外套長2cm程度にしかならないピックフォードイカAustraliteuthis aldrichi 等から、90cmに達するヨーロッパオオヤリイカまで存在する[1][2]

分類編集

2科に12属46種が属する[3]。和名は「世界イカ類図鑑」による[4]

系統編集

Australiteuthis属の系統的位置は不明である。ピックフォードイカ属に関しては、ヤリイカ類よりダンゴイカ目に近縁であるとする研究結果も存在し、系統的位置は不確定である[5]

次のような系統樹が得られている[6][7]

アオリイカ属

ヤリイカ

フクロジンドウイカ属

Doryteuthis

Loligo

アフリカジンドウイカ

トガリイカ属

ヒカリジンドウイカ

ジンドウイカ属

ケンサキイカ属

脚注編集

  1. ^ a b c Jereb, P. & C.F.E. Roper (2010). Squids. In: P. Jereb & C.F.E. Roper (eds.) Cephalopods of the world. An annotated and illustrated catalogue of species known to date. Volume 2. Myopsid and Oegopsid Squids. FAO Species Catalogue for Fishery Purposes No. 4, Vol. 2. FAO, Rome. pp. 34–35.
  2. ^ a b c Vecchione, M. & R.E. Young (2008). Myopsida Naef, 1916. Tree of Life Web Project.
  3. ^ "Myopsida". World Register of Marine Species英語版. 2014年11月4日閲覧
  4. ^ 世界イカ類図鑑”. 2014年11月4日閲覧。
  5. ^ Anderson, Frank E. (2000). “Phylogenetic relationships among loliginid squids (Cephalopoda: Myopsida) based on analyses of multiple data sets”. Zoological Journal of the Linnean Society 130 (4): 603-633. doi:10.1111/j.1096-3642.2000.tb02203.x. 
  6. ^ Anderson, Frank E. (2000). Phylogeny and historical biogeography of the loliginid squids (Mollusca: Cephalopoda) based on mitochondrial DNA sequence data. 15. pp. 191-214. doi:10.1006/mpev.1999.0753. 
  7. ^ Sales, João Bráullio de Luna, et al. (2013). “New molecular phylogeny of the squids of the family Loliginidae with emphasis on the genus Doryteuthis Naef, 1912: Mitochondrial and nuclear sequences indicate the presence of cryptic species in the southern Atlantic Ocean”. Molecular phylogenetics and evolution 68 (2): 293-299. doi:10.1016/j.ympev.2013.03.027.