メインメニューを開く

関 京子(せき きょうこ、1924年8月17日 - 2007年2月1日)は東京府(現在の東京都)出身の女優[1]。本名同じ。舞台を中心に活動し、東京芸術座代表を務めていた。

せき きょうこ
関 京子
本名 同じ
生年月日 (1924-08-17) 1924年8月17日
没年月日 (2007-02-01) 2007年2月1日(82歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市(現在の東京都
死没地 日本の旗 日本 東京都大田区
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1951年 - 2007年
活動内容 1951年 新協劇団に入団
1959年 東京芸術座結成に参加
主な作品
生きる
戦争と人間
備考
東京芸術座代表( - 2007年)
テンプレートを表示

目次

来歴・人物編集

東洋音楽学校(現在の東京音楽大学)中退。1951年新協劇団に入団し、『太陽のない街』で初舞台を踏む。1959年には劇団中芸と合同し、劇団東京芸術座を結成。関もこれに参加する。以後、同劇団の看板女優となった。

この間、映画やテレビドラマにも僅かに出演しており、1952年黒澤明監督映画『生きる』渡邊光男(演:金子信雄)の妻・一枝などがある。

劇団代表在籍中の2007年2月1日心不全のため、東京都大田区の病院で死去した。満82歳没[2]

出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

  • 妻も生きている(NHK、1956年3月10日放送)
  • ここに人あり(NHK)
    • 第3回「温かいおくりもの」(1957年4月29日放送)
  • 不屈の青春(NETテレビ、1959年3月5日 - 3月26日)
  • 夜の町(毎日放送、1959年4月14日放送)
  • 東映教育映画(NETテレビ)
    • 悪い芽(1959年12月3日放送)
  • 東芝土曜劇場 第50回
  • NECサンデー劇場(NETテレビ)
    • 多ぜいの妻(1960年10月23日放送)
  • 三菱劇場(日本テレビ
  • 判決(NETテレビ)
    • 第7話「報復の原理」(1962年11月17日放送)
    • 第121話「血に叛くもの」(1965年2月3日放送)
    • 第148回「北からの人」(1965年8月11日放送)
  • 名作推理劇場(NETテレビ)
    • 妄執の影(1962年12月30日放送)
  • ダイヤル110番(NETテレビ)
    • 第289話「大阪連続放火事件」(1963年3月31日放送)
  • 事件記者(NHK)
    • 第148話「非行」(1963年9月10日放送)
    • 第243話「現行犯」(1965年7月20日放送)
  • こども劇場 第61回(NHK)
    • 梨育ち(1964年7月12日放送)
  • 若者たち(フジテレビ)
    • 第8話「或る休日」(1966年4月1日放送)
  • 三匹の侍(フジテレビ)
    • 第4シリーズ 第18話「処刑」(1967年2月2日放送)
    • 第5シリーズ 第13話「不毛の掟」(1967年12月28日放送)
  • 七人の刑事TBS
    • 第206話「遠いうぶ声」(1968年7月29日放送)
  • ライオン奥様劇場 徳川の夫人たち(フジテレビ、1974年)
  • 風と雲と虹と(NHK)
    • 第47回「国府占領」(1976年11月21日放送)
    • 第49回「大進発」(1976年12月5日放送)
    • 第52回「久遠の虹」(1976年12月26日放送)
  • 達磨大助事件帳テレビ朝日
    • 第28話「大川端に散った恋」(1978年5月4日放送)
  • 青春INGS ゆう子とヘレン関西テレビ
    • 第7話「お父さんの秘密」(1982年11月26日放送)

舞台編集

脚注編集

外部リンク編集