メインメニューを開く

関森 正治(せきもり まさはる、1936年9月4日 - )は香川県出身の元プロ野球選手。昭和30年代の近鉄球団の主力選手であった。

関森 正治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県高松市
生年月日 (1936-09-04) 1936年9月4日(83歳)
身長
体重
174 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1955年
初出場 1955年
最終出場 1962年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

高松商では、中堅手として1954年夏の甲子園に出場。2回戦(初戦)で松浦三千男興津達男瀧英男のいた静岡商に9回サヨナラ負け[1]。高校同期に三塁手の新名耕三(巨人)、捕手田中尊がいた。

1955年近鉄パールスに入団。1957年に一軍に定着し、1959年には中堅手の定位置を得る。主にチャンスメーカーとして活躍、1961年までレギュラーの座を守るが、翌1962年には土井正博が台頭。出場機会が減少し1963年阪急ブレーブスに移籍。ここでも活躍の場はなく、同年限りで引退した。

1959年6月12日の対阪急戦で相手投手の梶本隆夫に9回2アウトまでノーヒットに抑えられていたが、関森がヒットを放ち梶本のノーヒットノーランを阻止した。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1955 近鉄 10 11 11 0 3 1 0 0 4 2 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .273 .273 .364 .636
1956 25 45 38 4 7 1 0 0 8 3 1 3 1 0 5 0 1 7 1 .184 .295 .211 .506
1957 60 120 105 5 21 7 0 1 31 8 7 3 1 0 14 0 0 25 5 .200 .294 .295 .589
1958 77 175 161 11 24 2 0 5 41 11 0 3 2 0 9 0 3 45 5 .149 .208 .255 .463
1959 107 361 331 32 68 10 1 8 104 33 5 4 4 1 25 0 0 87 5 .205 .261 .314 .575
1960 103 368 338 38 72 14 4 6 112 26 3 5 5 1 21 0 3 94 5 .213 .265 .331 .597
1961 123 284 257 19 59 14 1 5 90 25 2 4 9 1 14 0 3 63 4 .230 .277 .350 .628
1962 53 63 55 4 6 0 0 0 6 0 2 1 2 0 4 0 2 25 0 .109 .197 .109 .306
通算:8年 558 1427 1296 113 260 49 6 25 396 108 20 23 24 3 92 0 12 349 25 .201 .260 .306 .566

背番号編集

  • 36 (1955年)
  • 29 (1956年 - 1962年)
  • 44 (1963年)

脚注編集

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目編集