メインメニューを開く

松浦三千男

日本の野球選手

松浦 三千男(まつうら みちお、1937年5月8日 - )は、静岡県静岡市出身の元プロ野球選手投手)。

松浦 三千男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県静岡市
生年月日 (1937-05-08) 1937年5月8日(82歳)
身長
体重
176 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1956年
初出場 1957年5月14日
最終出場 1957年5月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

静岡商業高時代は、1954年夏の甲子園に出場し、捕手瀧英男(後に大阪タイガースでもチームメイトになる)とバッテリーを組み[1]、2番手投手としてチームの準優勝に貢献した。翌1955年春の甲子園ではエースとして出場するも、初出場の明星高大阪府)に不覚を取られた。瀧の他に、チームメイトには4番を打っていた興津達雄(のち広島),大木利男(瀧と共に、のち大阪でチームメイトになる[1])がいる。

1956年に大阪タイガースに入団。スピードのある本格派右腕として期待されたが、右膝を故障。これが命取りとなり、プロでの登板は、1957年5月14日の広島戦(観音球場)のみ[2]に留まった。1958年限りで退団。

1959年社会人野球鐘化カネカロンに入団すると、瞬く間に実力を開花させた。1960年第31回都市対抗野球大会では、松下電器の補強選手になり、エースとしてチームの準優勝に貢献。久慈賞も受賞した。大会終了後の全日本ハワイ遠征選抜メンバーにも選出された。翌1961年第32回都市対抗野球大会にも出場。この時のチームメイトに、大根晃(元阪神。1956年の1年だけチームメイトだった)がいる。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1957 大阪 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 9 2.0 4 1 1 0 0 0 0 0 1 1 4.50 2.50
NPB:1年 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 9 2.0 4 1 1 0 0 0 0 0 1 1 4.50 2.50

背番号編集

  • 33 (1956年 - 1958年)

脚注編集

  1. ^ a b 猛虎人国記(24)〜静岡県(上)〜背番「1」のサードが放った劇的弾スポニチアネックス2012年3月27日記事。
  2. ^ 尚、静岡商時代のチームメイトだった瀧も、プロでは1試合出場に留まった。また大木に到っては、一軍出場なしに終わった。

関連項目編集