メインメニューを開く

阿南発電所

徳島県阿南市にある四国電力の石油火力発電所

阿南発電所(あなんはつでんしょ)は、徳島県阿南市橘町幸野106にある四国電力石油火力発電所

Crystal energy.svg 阿南発電所
阿南発電所
阿南発電所
種類 火力発電所
電気事業者 四国電力
所在地 日本の旗 日本
徳島県阿南市橘町幸野106番地
北緯33度52分45秒 東経134度39分12秒 / 北緯33.87917度 東経134.65333度 / 33.87917; 134.65333座標: 北緯33度52分45秒 東経134度39分12秒 / 北緯33.87917度 東経134.65333度 / 33.87917; 134.65333
1号機
発電方式 汽力発電
出力 12.5万 kW
燃料 重油
営業運転開始日 1963年7月29日
2号機
発電方式 汽力発電
出力 22万 kW
燃料 重油、原油
営業運転開始日 1969年1月10日
3号機
発電方式 汽力発電
出力 45万 kW
燃料 重油、原油
営業運転開始日 1975年5月20日
4号機
発電方式 汽力発電
出力 45万 kW
燃料 重油、原油
営業運転開始日 1976年12月17日
公式サイト:阿南発電所
テンプレートを表示

概要編集

昭和40年代の高度成長期の経済発展に伴い急増した電力消費に対応するため新徳島火力発電所として建設された石油火力発電所。1963年昭和38年)7月に1号機が運転を開始、4号機までが建設された。

隣接して橘湾発電所電源開発社の石炭火力発電所である橘湾火力発電所があり、両社は密接に協力発電している。

1・2号機は稼働状況や運転の維持管理コスト、設備の老朽化を踏まえ、長期計画停止の運用に入っていたが、伊方発電所の再稼動遅れにより電力需給が厳しいため、2号機については2011年12月に運転を再開した[1]。なお、伊方原発が再稼働したこともあって、2号機は長期計画停止した後に需給状況を見極めて廃止する予定。[2] 1・2号機は2019年2月、廃炉にする方向が決定された。3・4号機は稼働を続ける。

発電設備編集

 
4号機が完成した1976年の空中写真。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
  • 総出力:124.5万kW[3]
  • 敷地面積:28万m2
1号機(2002年4月1日より長期計画停止中)[4]
定格出力:12.5万kW
使用燃料:重油
営業運転開始:1963年7月29日
2号機(2016年8月より長期計画停止中)[5]
定格出力:22万kW
使用燃料:重油、原油
営業運転開始:1969年1月10日
3号機
定格出力:45万kW
使用燃料:重油、原油
営業運転開始:1975年5月20日
4号機
定格出力:45万kW
使用燃料:重油、原油
営業運転開始:1976年12月17日

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集