メインメニューを開く

阿波研造(あわ けんぞう、 1880年 - 1939年)は、日本弓術家。弓聖と称えられる。

目次

経歴編集

宮城県河北町(現在の石巻市)に生まれる。

日置流雪荷派木村時隆に学び免許皆伝を受ける。1910年、木村時隆に代わり、第二高等学校の弓道師範を勤める。

1913年本多利實に師事し、日置流尾州竹林派弓術を伝授される。

1927年大日本武徳会弓道範士を授与する。大日本射道教(大射道教)を開き、自ら教主となる。

1939年没。

門弟編集

代表的な門弟を記す。

人物編集

術(テクニック)としての弓を否定し、道(精神修養)としての弓を探求する宗教的な素養が強かった。目を殆ど閉じた状態で弓を絞ると的が自分に近づいてきてやがて一体化する。そこで矢を放つと「狙わずに中てる」ことが可能になるというのである。『弓と禅』では、オイゲン・ヘリゲルを初めとする弟子達の前で、殆ど目を閉じた状態で放射している(オイゲンが筋肉を触ったところ、筋肉にも力が入っていなかったと証言を記している)。無影心月流梅路見鸞と交流があった。

自身、大射道教という流派を興し、その精神を「一射絶命」という言葉で表している。

阿波研造の言葉
的と私が一体になるならば、矢は有と非有の不動の中心にある。
射は術ではない。的中は我が心を射抜き、仏陀に到る。

エピソード編集

「心で射る弓」弓禅一如の体現者として、阿波研造には以下のようなエピソードがある。

ドイツ人哲学者オイゲン・ヘリゲルは日本文化の研究のため弓術を研究することにし、阿波に弟子入りした。しかし、狙わずに中てる事などという阿波の教えは合理的な西洋人哲学者に納得できるものではなく、ヘリゲルは本当にそんなことができるのかと師に疑問をぶつけた。阿波は、納得できないならば夜9時に私の自宅に来なさいとヘリゲルを招いた。

真っ暗な自宅道場で一本の蚊取線香に火を灯し三寸的の前に立てる。闇の中に線香の灯がゆらめくのみで、的は見えない。

そのような状態で阿波は矢を二本放つ。一本目は的の真ん中に命中。二本目は一本目の矢筈に中たり、その矢を引き裂いていた。暗闇でも炸裂音で的に当たったことがわかったとオイゲンは『弓と禅』において語っている。二本目の状態は垜(あづち)側の明かりをつけて判明した。

この時、阿波は、「先に当たった甲矢は大した事がない。数十年馴染んでいる垜(あづち)だから的がどこにあるか知っていたと思うでしょう、しかし、甲矢に当たった乙矢・・・これをどう考えられますか」とオイゲンに語った(オイゲン・ヘリゲル著『弓と禅』より)。

ヘリゲルはこの出来事に感銘を受け(矢を別々に抜くに忍びず的と一緒に持ち帰り)、弓の修行に邁進し、後に五段を習得している。

参考文献編集

外部リンク編集