メインメニューを開く

阿部 昇(あべ のぼる、1954年3月17日[1]- )は、日本の国語教育学者、秋田大学教授。

略歴編集

東京都生まれ。1979年國學院大學文学部卒。茗溪学園中学校・高等学校教諭、秋田大学教育文化学部助教授、2007年准教授を経て2014年教授。2008~2011年秋田大学教育文化学部附属小学校校長。専門は国語科教育学。秋田県内の小中学校を多数訪問し、教育現場とその地域の事情に精通し、全国学力テストの好成績について分析を行う[2]

著書編集

  • 『教師のための説得の技術』 (シリーズ教育技術セミナー) 民衆社 1989
  • 『教師のための分析の技術』 (シリーズ教育技術セミナー) 民衆社 1990
  • 『『オツベルと象』の読み方指導』 (教材研究の定説化) 明治図書出版 1991
  • 『徹底入門・力をつける「読み」の授業 「読み研」方式のセオリー・ノウハウ・授業記録』 (ネットワーク双書) 学事出版 1993
  • 『国語の自学自習術』 (脱偏差値時代の受験勉強術) 明治図書出版 1995
  • 『授業づくりのための「説明的文章教材」の徹底批判』 (授業への挑戦) 明治図書出版 1996
  • 『文章吟味力を鍛える 教科書・メディア・総合の吟味』 (21世紀型授業づくり) 明治図書出版 2003
  • 『頭がいい子の生活習慣 なぜ秋田の学力は全国トップなのか?』ソフトバンククリエイティブ 2009
  • 『国語力をつける物語・小説の「読み」の授業 PISA読解力を超えるあたらしい授業の提案』明治図書出版 2015
  • 『確かな「学力」を育てるアクティブ・ラーニングを生かした探究型の授業づくり 主体・協働・対話で深い学びを実現する』明治図書出版 2016

共編著編集

  • 『授業づくりに役立つ新中学国語科教科書研究 中学1-3年』大西忠治共編著 明治図書出版 1993
  • 『文学教材の指導法 読み研方式・一読総合法・新分析批評の徹底比較』藤岡信勝共編著 学事出版(ネットワーク双書) 1995
  • 『あたらしい国語科指導法』柴田義松,鶴田清司共編著 学文社 2003
  • 『国語の本質がわかる授業 5 文学作品の読み方 2』小林義明共編 日本標準 2008

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 秋田大学
  2. ^ 『確かな「学力」を育てるアクティブ・ラーニングを生かした探究型の授業づくり』著者紹介