阿部昇二

茨城県出身のコメディアン、俳優

阿部 昇二(あべ しょうじ、1922年9月 - 1987年9月26日)は、茨城県出身のコメディアン俳優。本名は常見馨(つねみ かおる)。

あべ しょうじ
阿部 昇二
本名 常見馨
生年月日 1922年
没年月日 1987年9月26日
出生地 日本の旗 日本茨城県
職業 コメディアン俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 ? - 1987年
テンプレートを表示

幼少期は台湾で過ごし、嘉義中学を卒業した後、榎本健一に憧れて上京[1]

大宮大洋大宮敏光の義兄)が率いる劇団でデビューし、漫才師大道具などを経て、戦前から終戦直後にかけて阿部昇二一座を結成して活動した[2]

戦時中の慰問公演では、チンドン屋出身の中沢寅雄と漫才コンビを組んだ[3]

後にフランス座などに所属。1987年1月31日の舞台を最後に浅草を去る[1]。同年9月26日没。

漫才コンビ解散後にくすぶっていた安藤ロール(坂上二郎)を弟子に迎えてコメディアンとして育成、のちの大ブレイクのきっかけを作った[4]

出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

バラエティ編集

舞台編集

脚注編集

  1. ^ a b コトバンク
  2. ^ 1969年11月26日付 新潟日報 ラジオ面
  3. ^ 毎日新聞 2018年3月30日 地方版
  4. ^ 産業座談会第4号