メインメニューを開く

お姐ちゃんお手やわらかに

お姐ちゃんお手やわらかに』(おねえちゃんおてやわらかに)は、1975年4月26日東宝系で公開された日本映画。東宝・ホリプロダクション(現・ホリプロ)提携作品。製作:ホリ企画制作。カラー。シネマスコープ。88分。

お姐ちゃんお手やわらかに
監督 坪島孝
脚本 長野洋
製作 堀威夫笹井英男
出演者 和田アキ子
夏夕介
鈴木ヒロミツ
森昌子
せんだみつお
ザ・デストロイヤー
山口百恵
音楽 あかのたちお
撮影 市原廉至
製作会社 ホリ企画制作
配給 東宝
公開 日本の旗 1975年4月26日
上映時間 88分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

ホリプロダクション創立15周年記念映画」と銘打ち、当時日本テレビ系列で放送中のバラエティ番組金曜10時!うわさのチャンネル!!』で、タレントとしても人気が出た和田アキ子を主演とした作品。世間知らずの箱入り娘が「実路組」に誘拐されるも、逆に「実路組」をけしかけ、その事件に失業者となった2人が巻き込まれるドタバタ。

監督はクレージー映画で御馴染みの坪島孝が担当した。

助演には喜劇には珍しいホリプロ所属の夏夕介、『うわさのチャンネル』で和田と共演したせんだみつおザ・デストロイヤーラビット関根(現:関根勤)、同じ日本テレビ系列のバラエティ『マチャアキのガンバレ9時まで!!』の堺正章研ナオコ、そして、当時カラーテレビのCMに出演した坊屋三郎と、人気マジシャン・伊藤一葉で、劇中でも坊屋が外国人秘書に対し「あんた、発音駄目だね」と言ったり、伊藤が奇術の如く武器を取り出して、「この件について何かご質問は」と言うなど、御馴染みのギャグをかましている。極めつけは、同時上映『潮騒』に主演している山口百恵が、本人の役で出演、山口が東宝で脇役として出演するのは、この作品のみとなっている。

スタッフ編集

出演者編集

同時上映編集

潮騒

参考文献編集

「女優 山口百恵」(ワイズ出版) 177頁・178頁 2006年

関連項目編集