メインメニューを開く

美術(びじゅつ)は、テレビ番組映画テレビ映画、ビデオ映画)、舞台等のスタッフ、職能である。特に舞台における美術は舞台美術という。

美術を担当する部門を美術部(Art Department)という[1]。欧米と日本ではプロダクション・デザイナーの有無など一般的な美術部の構成が異なる[1]日本の場合、元来の撮影所の組織上、戦前は撮影部と呼んだ製作部の下に美術課があり、美術係に美術デザイナーとその助手(美術助手)、装置係に装置の作り手(大道具)がおり、背景係に背景の描き手、装飾係(小道具)に装飾・持ち道具の係がいた[2]

美術デザイナー編集

美術デザイナー(びじゅつデザイナー)は、美術全般のデザインを施す表現者であり統括的職能である。美術監督(びじゅつかんとく)とも呼ぶ。

欧米の映画制作の場合、中規模以上の映画作品ではデザインや図面を描くプロダクション・デザイナー(production designer)と美術監督(art director)は別々になっていることが多いが、低予算作品ではプロダクション・デザイナーを美術監督が兼務することが多い[1]。日本の映画制作ではこれらの区別はなく通常は美術監督のみを置いている[1]

美術デザイナー・美術監督は、装置(セット)のデザインを描いて設計し、ロケーション撮影の場合でも、装置・装飾を行うのでそのデザインを描く。装置部・背景部、あるいは装飾部は、このデザイン画・設計図をもとに装置を組み立て、背景を描き、装飾物を用意、セッティングを行う。美術デザイナー・美術監督は、撮影技師撮影監督)、照明技師録音技師編集技師スクリプターとともにメインスタッフを構成する。

美術デザイナーが、日本映画において「美術」としてクレジットされるようになったのは、1918年(大正7年)ころの日活向島撮影所での革新映画のムーヴメントによる[3]。美術デザイナーの草分けである亀原嘉明は、1922年(大正11年)、田中栄三監督の『京屋襟店』のセット撮影において、グラスステージいっぱいに呉服店のセットを築いた[4]

元来、美術デザイナーは美術課の美術係員であり、現在、映画製作会社映像京都の代表を務める西岡善信や、内藤昭らはかつて大映京都撮影所ではこの美術係に属した[2]

映画・テレビの美術デザイナー、美術監督の職能団体は、1939年(昭和14年)に前身の日本映画美術監督協会が設立された日本映画・テレビ美術監督協会である。

美術助手(びじゅつじょしゅ)は、美術デザイナーの助手である。欧米の映画制作では美術監督とともに作業の手配や予算管理を担当するコーディネーター(Art Department Coordinator)が置かれることもある[1]

大道具編集

大道具(おおどうぐ)は、セットを組み立てる職能である。装置(そうち)、そのパートを装置部(そうちぶ)と呼び、セットの背景を描く係は背景(はいけい)、そのパートを背景部(はいけいぶ)と呼ぶ。

パネルと呼ばれるベニヤ板を補強したものに壁紙や着色で一面だけ仕上げた壁を組み合わせて部屋や外壁、コンクリート塀などに見せかける。バラエティ番組ニュース番組の背景。棚やカウンター等造り付けの家具も含まれるが、既成の家具は装飾部が用意する。一般的な大工は、壊れない物を作り上げることに対し、大道具は建て込んだセットの撤収を前提にしていることである。再びパネル等の状態に戻し、他の場所で使ったりする。

元来、日本の撮影所においては、美術課に属する装置係、背景係であった[2]。スタッフは、撮影所の社員かそれに準ずる契約スタッフが構成していたが、部門分社化、アウトソーシングが早くから進んだ。現在でも「装置部」「背景部」と呼ぶのは部署名の名残である。東映東京撮影所では、一時、東映美術センターとして分社化していたが、現在は撮影所の組織に美術部として復帰している。

大道具、装置部のうち、スタジオ付ではなく、撮影クルーに属してロケーション撮影にも同行するスタッフを組付(くみづき)と呼ぶ。

欧米の映画制作の美術部ではセットの建設・設営はセット建築(Set Construction)が担当している(Set Constructionに大道具の訳をあてることもある)[1]。セットの設計はドラフトマン(Draftsman)の仕事であるが、日本では大道具がすべて担当している[1]。また、欧米ではセット以外の担当もFixture man(照明取付担当)、Greensman(植物担当)のように役職が細分化されており日本とは組織が異なる[1]

小道具編集

小道具(こどうぐ)は、家具雑貨俳優の携行品(持ち道具)などを用意する職能である。装飾(そうしょく)、そのパートを装飾部(そうしょくぶ)と呼ぶ。

多くの場合、劇中に登場するポスター新聞などの紙媒体や簡単な造形物は「作り物」と呼ばれており、装飾部が製作を担当する。俗にヨゴシ等と呼ばれ、家具や家電、雑貨などで生活感を演出する。腕時計携帯電話などは持道具(もちどうぐ)、それ以外の小道具を装飾と呼んで区別する。制作会社スタジオによっては、例えば警官隊の拳銃ヘルメットは小道具で、ホルスターブーツ衣装という特殊なテリトリー分けをしていることもある。衣裳合わせにおいては、衣裳部の用意する衣裳と同時に、配役の持ち道具を用意する。

日本のテレビドラマの場合は、小道具の分野でもスポンサーに左右されやすいため、他のジャンルよりも日用品メーカー、洗剤メーカー、家電メーカー、携帯電話会社がスポンサーに付きやすくなっている。携帯電話会社がスポンサーに無い枠の場合は、家電メーカーからも携帯電話を仕入れることもある。

元来、日本の撮影所においては、美術課に属する装飾係であった[2]。スタッフは、撮影所の社員かそれに準ずる契約スタッフが構成していたが、部門分社化、アウトソー シングが早くから進んだ。現在でも「装飾部」と呼ぶのは部署名の名残である。

欧米の映画制作では小道具制作はProperty Masterという[1]。小道具制作に代わって美術関連や装飾関連の道具類を調達する担当はバイヤーという(配給会社のバイヤーとは異なる)[1]。また欧米の映画制作の美術部ではSwing Gangと呼ばれる家具等の備品の搬入と搬出のみを行う担当がいる[1]。これらとは別に美術部から独立してプロダクション・デザイナーの指示で道具類を調達する担当もおりプロップマスター(Property Master)という[1]

特殊美術編集

特殊美術(とくしゅびじゅつ)は、既製品が無いもしくは入手が困難な物を作る仕事。

着ぐるみフリップ模型レプリカなど。 ニュースに登場する政治家人形事故現場のモデルなども含まれる。 特撮SFXもこの区分に入る物がある。

関連項目編集

編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l プロデューサー用語集 公益財団法人ユニジャパン、2019年10月26日閲覧。
  2. ^ a b c d 例: 大映京都撮影所組織図 - 大映京撮スタッフ紹介立命館大学、2009年12月12日閲覧。
  3. ^ 『日本映画発達史 1 活動写真時代』、田中純一郎中公文庫、1975年11月25日 ISBN 4122002850, p.274-279.
  4. ^ 協会の歴史日本映画・テレビ美術監督協会、2009年12月12日閲覧。

外部リンク編集