メインメニューを開く

陰謀のスプレマシー』(原題: The Expatriate、米国題: Erased[1])は、2012年に制作されたアクションスリラー映画アメリカ合衆国カナダベルギーの共同制作[2]

陰謀のスプレマシー
The Expatriate
監督 フィリップ・シュテルツェル
脚本 アラッシュ・アメル
製作 カール・リチャーズ
エイドリアン・ポリトウスキー
ジョナサン・ヴァンガー
出演者 アーロン・エッカート
オルガ・キュリレンコ
リアナ・リベラト
音楽 ジェフ・ダナ
撮影 コーリャ・ブラント
編集 ドミニク・フォルタン
配給 ベルギーの旗 RaDiUS-TWC
アメリカ合衆国の旗 ワインスタイン・カンパニー
日本の旗 ファインフィルムズ
公開 ベルギーの旗 2012年9月21日
日本の旗 2013年1月20日
アメリカ合衆国の旗 2013年5月17日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
ベルギーの旗 ベルギー
言語 英語
テンプレートを表示

ソフト発売の際に『ザ・ターゲット/陰謀のスプレマシー』という邦題に改題された。

ストーリー編集

ベルギーで民間の防犯装置会社に勤務するベン・ローガンは、過去にCIAの工作員として活躍していたが、現在は愛する娘と二人で平凡だが幸せな毎日を送っていた。だが、そんなある日の朝、いつものように会社に行くと、そこにあるはずの自分の会社がなくなっていた。それどころか自分や会社の存在を証明するデータも全て何者かに削除されており、彼は不法滞在者ということになってしまう。途方に暮れる彼のもとに、部下だった男が現れる。すると男は突然銃で彼を脅すが、ベンは過去のキャリアで積んだ能力によって危機を脱する。黒幕を突き止めるために動く彼だったが、ついに娘が何者かに誘拐されてしまう。

キャスト編集

参考文献編集

外部リンク編集