オルガ・キュリレンコ

オルガ・キュリレンコウクライナ語:Ольга Костянтинівна Куриленкоオーリハ・コスチャントィーニウナ・クルィレーンコラテン文字表記:Olga Kurylenko1979年11月14日 - )は、ウクライナ出身のファッションモデル女優ロシア語名に沿って「オリガ・クリレンコ」、ウクライナ語名に沿って「オリハ・クルィレンコ」と表記されることもある。日本語では、父称は省略して紹介されることが多い。身長177cm

オルガ・キュリレンコ
Olga Kurylenko
Olga Kurylenko
本名 Ольга Костянтинівна Куриленко
生年月日 (1979-11-14) 1979年11月14日(41歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の旗 ウクライナ・ソビエト社会主義共和国 ザポリージャ州ベルジャーンシク
国籍  ウクライナ
フランスの旗 フランス
職業 俳優ファッションモデル
主な作品
薬指の標本
ヒットマン
007 慰めの報酬
オブリビオン
スパイ・レジェンド
ロープ 戦場の生命線
その女諜報員 アレックス
スターリンの葬送狂騒曲
ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲
テンプレートを表示

来歴編集

生い立ち編集

ソ連時代に、ウクライナベルジャーンシクにて、ウクライナ人の父コスチャンティーン・クルィレンコとロシア人の母マリーナ・アリャブィーシェヴァのもとに生まれた。3歳の時に両親は離婚、母親のもとで育つ。

キャリア編集

16歳の時にフランスに渡りモデルとしてキャリアを始める[1]。数年で数々のコレクションやファッション雑誌の表紙を飾り、トップモデルとしての地位を築く。

2005年に『薬指の標本』で映画初出演。2008年公開の007シリーズ『慰めの報酬』ではボンドガールに抜擢された[2]。その後、『スパイ・レジェンド』で5代目ジェームズ・ボンドピアース・ブロスナンと共演した他、007シリーズのパロディ映画『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』にも出演した。

私生活編集

1999年にフランス人フォトグラファーのセドリック・ヴァン・モルと結婚するが、2003年に離婚[3]。2006年にアメリカ人実業家(ダミアン・ガブリエル)と結婚したが、2007年に離婚[3]。2015年10月3日に男子を出産[4]

2001年にフランスの市民権を取得[5]ウクライナ語ロシア語英語フランス語スペイン語イタリア語の6か国語を操る。

2020年3月15日、自身のインスタグラム上で2019新型コロナウイルスに感染したことを発表した[6]。公表から約2週間後、感染からの完全回復を宣言した[7]

 
オルガ・キュリレンコ

主な出演作品編集

映画編集

公開年 邦題
原題
役名 備考
2005 薬指の標本
L' Annulaire
イリス
2006 パリ、ジュテーム
Paris, je t'aime
バンパイア
オルガ・キュリレンコ 慰めと報酬
Le Porte-bonheur
ソフィア テレビ映画
2007 蛇男
Serpent, Le
ソフィア
ヒットマン
Hitman
ニカ・ボロニナ
2008 マックス・ペイン
Max Payne
ナターシャ
007 慰めの報酬
Quantum of Solace
カミーユ
2009 ベルベット・アサシン
Kirot
ガリア
2010 センチュリオン
Centurion
エテイン
2011 故郷よ
La terre outragee
アーニャ
フロントミッション 革命の反逆者たち
Three Be Dragons
イルディコ 日本劇場未公開
2012 トゥ・ザ・ワンダー
To the Wonder
マリナ
陰謀のスプレマシー
The Expatriate
アンナ
セブン・サイコパス
Seven Psychopaths
アンジェラ
2013 オブリビオン
Oblivion
ジュリア
2014 ヴァンパイア・アカデミー
Vampire Academy
キロワ校長
スパイ・レジェンド
The November Man
アリス・フルニエ
ディバイナー 戦禍に光を求めて
The Water Diviner
アイシェ
2015 ロープ 戦場の生命線
A Perfect Day
カティア 日本公開は2018年2月
その女諜報員 アレックス
Momentum
アレックス 日本公開は2016年6月[8]
2016 ある天文学者の恋文
The Correspondence
エイミー [9]
2017 スターリンの葬送狂騒曲
The Death of Stalin
マリヤ・ユーディナ
ガン シャイ
Gun Shy
シェイラ DVDスルー
2018 ザ・ミスト
Dans la brume
アナ
テリー・ギリアムのドン・キホーテ
The Man Who Killed Don Quixote
ジャクリーン カンヌ国際映画祭上映:5月19日
日本公開:2020年01月24日予定
MARA/マーラ
Mara
ケイト 劇場未公開
DVD発売
ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲
Johnny English Strikes Again
オフィーリア
 
L'Empereur de Paris
女男爵
2019 15ミニッツ・ウォー
L'intervention
ジェーン・アンダーセン
 
Everything You Didn't Say
レジェス ショートフィルム
ウィッシュ・ルーム
The Room
ケイト 日本劇場未公開
ザ・クーリエ
The Courier
配達人
9人の翻訳家 囚われたベストセラー
Les traducteurs
カテリーナ・アニシノバ 12月18日:フランス公開予定
2020  
Empires of the Deep
マーメイド・クイーン 公開待ち
 
The Bay of Silence
ロザリンド ポストプロダクション
 
The Hunting
撮影
 
Jane Millen
プリプロダクション
 
Gateway 6
プリプロダクション

テレビシリーズ編集

放映年 邦題
原題
役名 備考
2007 Secrets 〜過去を秘めた女たち〜
Suspectes
エヴァ・ピレス 7エピソードに出演
2012-2013 マジックシティ 黒い楽園
Magic City
ヴェラー・“ヴィー”・エヴァンス 16エピソードに出演

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ コロナから復活した女優、「死ぬかと思った」過去の撮影シーンを語る - Peachy - ライブドアニュース
  2. ^ 007シリーズ、2人目のボンドガールはウクライナ出身の清純派女優!”. シネマトゥデイ (2008年1月8日). 2007年1月10日閲覧。
  3. ^ a b 4年間で2度離婚のオルガ、全然問題なし!”. Movie Walker (2008年11月6日). 2007年11月7日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ “Bond girl Olga Kurylenko is a new mother”. BelfastTelegraph.co.uk. (2015年11月3日). オリジナルの2016年3月27日時点におけるアーカイブ。. http://archive.fo/2UbFu 2020年3月25日閲覧。 
  5. ^ “Olga Kurylenko : Confidences d'une James Bond Girl”. parismatch.com. (2008年10月31日). オリジナルの2008年11月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081102064249/http://www.parismatch.com/parismatch/Match-guide/Match-Cinema/Olga-Kurylenko-Confidences-d-une-James-Bond-Girl/(gid)/55195/ 2020年3月25日閲覧。 
  6. ^ Locked up at home after having tested positive for Coronavirus. I’ve actually been ill for almost a week now. Fever and fatigue are my main symptoms. Take care of yourself and do take this seriously!”. Instagram. olgakurylenkoofficial (2020年3月15日). 2020年3月16日閲覧。
  7. ^ “新型コロナウイルス感染のトム・ハンクス夫妻は順調回復、オルガ・キュリレンコは完治宣言”. cinemacafe.net. (2020年3月24日). https://www.cinemacafe.net/article/2020/03/24/66412.html 2020年3月31日閲覧。 
  8. ^ “オルガ・キュリレンコが挑む壮絶アクション劇「その女諜報員 アレックス」予告編”. 映画ナタリー. (2016年5月23日). http://natalie.mu/eiga/news/188107 2016年5月23日閲覧。 
  9. ^ “ジュゼッペ・トルナトーレ新作の予告編解禁、亡き天文学者が恋人に仕掛けた謎とは”. 映画ナタリー. (2016年7月31日). http://natalie.mu/eiga/news/196128 2016年8月1日閲覧。 

外部リンク編集