メインメニューを開く

陸前高田市立広田小学校

概要編集

陸前高田市広田町を校区とする小学校である。

沿革編集

  • 1873年明治6年)7月7日 - 東正寺・東岸寺の二学塾を広田小学校として開校。同時に現在の広田町根岬地区の学塾を根岬小学校として開校する。
    • 1880年(明治13年)の生徒数はどちらも男子のみの在籍で、広田小50人、根岬小23人。
  • 1882年(明治15年) - 根岬小学校、自然廃校となる。
  • 1882年(明治15年)4月1日 - 広田小学校に初等科の教科を置く。
  • 1885年(明治18年)6月 - 泊地区に新校舎落成。東岸寺校を廃止し、東正寺校を分校とする。
  • 1887年(明治20年)3月16日 - 学校名を広田尋常小学校に改称。
  • 1888年(明治21年)9月 - 大久保地区に新校舎を建設する。
  • 1889年(明治22年)4月17日 - 新校舎の開校式を挙行。泊校及び東正寺校を廃止する。
  • 1897年(明治30年)12月 - 高等小学校を設置し、広田尋常高等小学校と改称する。
    • 1917年大正6年)の広田尋常高等小学校の生徒数は、男子319人、女子247人。
  • 1906年(明治39年)4月 - 村立実業補習学校付設。
  • 1924年(大正13年)12月 - 平屋建て校舎を二階建て校舎に改築。
  • 1932年昭和7年)- 校歌を制定する。(作詞・伊藤小虎、作曲・橋本國彦)
  • 1935年(昭和10年)4月 - 村立広田青年学校を付設。
  • 1936年(昭和11年)12月 - 講堂を新築。
  • 1941年(昭和16年)4月 - 村立広田国民学校と改称。
  • 1947年(昭和22年)4月 - 村立広田小学校と改称。
  • 1950年(昭和25年)9月 - 脱脂粉乳による学校給食開始。
  • 1952年(昭和27年)6月 - 町制施行に伴い、町立広田小学校と改称。
  • 1955年(昭和30年)1月1日 - 市制施行に伴い、市立広田小学校と改称。
  • 1980年(昭和55年)3月 - 新校舎落成、12月には体育館落成。
  • 2011年平成23年)3月11日 - 東北地方太平洋沖地震東日本大震災)発生
    • 発生日に「広田地区災害対策本部」を設置。
    • 5月21日 - 校庭に建設された仮設住宅への入居が開始。

東日本大震災による影響編集

2011年3月11日、海岸から1km標高20mの高台にある同小学校は、東日本大震災津波被害からは免れた[1]。広田小学校は広田地区の避難所となった。5月にはグラウンドに仮設住宅が完成した。

関係者編集

出身者編集

周辺施設編集

交通編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 村上弘明の両親無事も「悪魔だよ」”. 日刊スポーツ(ウェブサイト). 日刊スポーツ新聞社 (2011年3月16日). 2011年4月25日閲覧。

参考文献編集

  • 陸前高田市史編集委員会『陸前高田市史 第7巻(宗教・教育編)』陸前高田市、1998年5月。
  • 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典(3)岩手県』角川書店、1985年2月。

関連項目編集

外部リンク編集