陸軍機甲整備学校

陸軍機甲整備学校(りくぐんきこうせいびがっこう)とは、現在の神奈川県相模原市中央区にあった日本陸軍の教育機関(軍学校)のひとつである。


概要編集

前身編集

沿革編集

陸軍機甲整備学校の組織・区分編集

戦車・牽引車・自動車の整備に関する全軍的な教育機関。機動歩兵を含む機甲兵・機動砲兵・機械化工兵・戦車兵の戦車学生と牽引車学生を対象して教育。

  • 本部
  • 第1中隊:戦車
  • 第2中隊:牽引車
  • 第3中隊:自動車
    • 幹部候補生隊
    • 技術部兵技兵教育
  • 材料廠

人事編集

歴代校長編集

  • 天谷知彰 少将(陸士11期) (輜):1925年5月1日 -1927年7月26日
  • 唐原与次 少将 (陸士12期) (輜):1927年7月26日 -1929年8月1日
  • 飯田恒次郎 少将(陸士14期)(輜):1929年8月1日 -1933年3月18日
  • 小嶋時久 少将 (陸士15期) (輜):1933年3月18日 -1934年8月1日
  • 佐々木吉良 少将(陸士17期)(輜):1934年8月1日 - 1935年8月1日[15]
  • 井関隆昌 少将(陸士18期) (砲):1935年8月1日[15] - 1936年3月23日[16]
  • 土橋一次 少将(陸士18期) (砲):1936年3月23日 -1938年7月15日
  • 井出鉄蔵 少将(陸士21期) (輜):1938年7月15日 -1939年3月9日
  • 武内俊二郎少将(陸士23期) (輜):1939年3月9日 -1940年10月22日
  • 落合忠吉 少将(陸士23期) (輜):1940年10月22日 - 1941年8月1日
  * 1941年8月1日「陸軍機甲整備学校」と改称。補職学校名変更。
落合忠吉 中将(陸士23期) (輜):1941年8月1日 -1942年4月1日(*1941年10月15日 中将)
細見惟雄 少将(陸士25期) (機甲):1942年4月1日 -1943年12月27日
長沼稔雄 少将(陸士25期) (機甲):1943年12月27日 - 年 月 日

歴代幹事編集

  • 武内俊二郎 大佐(陸士23期)(輜):1937年8月2日 -1937年9月1日
  • 落合忠吉 大佐(陸士23期)  (輜):1938年7月15日 - 1939年4月8日(*1939年3月9日 少将)
  • 中村肇 大佐 (陸士25期)    (輜):1940年5月7日 - 1940年12月2日
  • 三島義一郎 大佐(陸士28期) (砲):1940年12月2日 - 1941年7月7日
  •        (陸士 期) ( ): 年 月 日- 年 月 日

     * 1941年8月1日「陸軍機甲整備学校」と改称。補職学校名変更。

  •        (陸士 期) (機甲): 年 月 日- 年 月 日
  • 細見惟雄 大佐(陸士25期) (機甲):1941年10月15日 - 1942年4月1日
  •        (陸士 期) (機甲): 年 月 日- 年 月 日

教育部編集

  • 部長:飯田恒次郎 大佐(陸士14期)(輜):1925年5月1日 - 1926年3月2日

教官編集

  • 小畑信良 大尉(陸士30期) (輜):1931年3月 日 -1932年6月日
  • 板花義一 中佐(陸士23期) (輜): 年 月 日 - 年 月 日
  • 武内俊二郎 大佐(陸士23期)(輜):1934年12月10日 -1935年8月1日
  • 鈴木庫三 大尉(陸士33期) (輜): 年 月 日- 年 月 日
  • 石原章三 大佐(陸士26期) (輜):1939年1月19日 - 1940年8月13日(* 兼 輜重兵監部員)
  • 小山嘉兵衛  (陸士33期) (輜): 年 月 日- 年 月 日
  • 松木熊吉  (陸士36期) (輜): 年 月 日- 年 月 日
  •       (陸士 期) (輜): 年 月 日- 年 月 日

     * 1941年8月1日「陸軍機甲整備学校」と改称。補職学校名変更。

  •       (陸士 期) (機甲):: 年 月 日- 年 月 日

研究部編集

  • 主事:佐治直影 中佐(陸士30期) (機甲):1941年8 月 日-1942年9月 日(*1942年8月9日 大佐)

学校 附編集

  • 田坂専一 大佐(陸士27期) (輜):1938年3月1日 - 1938年7月15日
  • 岩畔博秀 (陸士42期) (輜): 年 月 日- 年 月 日
  • 高市近男 (陸士47期) (輜): 年 月 日- 年 月 日
  • 相沢卓司 中佐(陸士47期 (機甲): 年 月 日-1944年9月10日
  •      (陸士 期) (輜): 年 月 日- 年 月 日

自校編集

  • 曾我武雄 (陸士37期) (輜): 年 月 日- 年 月 日

所在地編集

移転前
東京都世田谷区桜3丁目・桜丘1丁目周辺(東京農業大学・東京農大付属第一高等学校周辺)
移転後
神奈川県相模原市弥栄3丁目1-6周辺(淵野辺公園周辺)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 大貫孝 長嶋作太郎外数名 :世田谷区桜丘1-4-10所在 庚申塔・道標台座の碑文
  2. ^ 世田谷区桜丘1-4-10所在 庚申塔・道標台座の碑文
  3. ^ 世田谷区桜丘1-4-10所在 庚申塔・道標台座の碑文
  4. ^ 世田谷区桜丘1-4-10所在 庚申塔・道標台座の碑文
  5. ^ 『官報』第1904号、大正7年12月7日。所在地は東京府荏原郡世田ヶ谷村横根。
  6. ^ 赤羽工兵隊 :世田谷区桜丘1-4-10所在 庚申塔・道標台座の碑文
  7. ^ 水谷吉蔵(陸士14期) 輜重兵 少佐が英国より導入した戦車」 :世田谷区桜丘1-4-10所在 庚申塔・道標台座の碑文
  8. ^ 世田谷区桜丘1-4-10所在 庚申塔・道標台座の碑文
  9. ^ 大貫孝 常徳院の土地 :世田谷区桜丘1-4-10所在 庚申塔・道標台座の碑文
  10. ^ 世田谷区桜丘1-4-10所在 庚申塔・道標台座の碑文
  11. ^ 第2次買収用地 :世田谷区桜丘1-4-10所在 庚申塔・道標台座の碑文
  12. ^ 世田谷区桜丘1-4-10所在 庚申塔・道標台座の碑文
  13. ^ 大貫次郎の土地 :世田谷区桜丘1-4-10所在 庚申塔・道標台座の碑文
  14. ^ 世田谷区桜丘1-4-10所在 庚申塔・道標台座の碑文
  15. ^ a b 『官報』第2575号、昭和10年8月2日。
  16. ^ 『官報』第2765号、昭和11年3月24日。

注釈編集

  1. ^ 自動車部隊の編制・訓練、自動車操縦員・整備工の育成、民間自動車の奨励と利用についての調査研究を目的
  2. ^ 軍用自動車調査委員会の試験を担当する実施機関として設置
  3. ^ 自動車隊は、隣接しているが第1師団の隷下。
  4. ^ のち幹部候補生教育用重車輌整備工場用地
  5. ^ 憲兵科を除く各兵科は、兵科の中の一つである各兵種となった。(例)これにより、従来は不可能であった、砲兵大尉歩兵連隊内の歩兵砲中隊長や、連隊砲中隊長への補職が可能となり、転科手続きなく人事行政に断髪力を持たせ、新兵器・新戦術に対応した戦備・戦力拡大図ることが可能となった。
  6. ^ 戦車は、歩兵科戦車兵から兵科機甲兵となる。
  7. ^ 乗車騎兵に歩兵出身者の補職も可能となる。
  8. ^ 挺身兵には、戦車も山砲もあるが航空であったり、船舶兵には、高射砲や野砲もあるが工兵である等、従来の兵科の垣根を跨るものの柔軟運用が可能となった。
  9. ^ 大橋にあった満州に移駐した輜重兵第1連隊の跡地(現・都立駒場高校.警視庁第三機動隊.駒場幼稚園)。
  10. ^ 全ての車輌における操縦・整備・燃料・戦術の研究・教育・行政は機甲本部に一元化。
  11. ^ 神奈川県相模原市

関連項目編集

外部リンク編集