隆平県(りゅうへい-けん)は、中華民国河北省にかつて存在した県。

中華民国 河北省 隆平県
[[|←]] 969年 - 1947年
簡体字 隆平
繁体字 隆平
拼音 Lóngpíng
カタカナ転記 ロンピン
国家 中華民国
河北
行政級別
建置 969年
廃止 1947年 
面積
- 総面積 km²
人口

前漢により設置された広阿県象氏侯国(後の象氏県)を前身とする[1]後漢建武初年に象氏県は廃止され、中平年間に広阿県は廃止された。489年太和13年)、北魏により広阿県が再び設置された[2]により601年仁寿元年)に広阿県は象城県と改称され、606年大業2年)に象城県は大陸県と改称された[3]により621年武徳4年)に大陸県は象城県と改称され、742年天宝元年)に象城県は昭慶県と改称された[4]969年開宝2年)、北宋により昭慶県は隆平県と改称された。1073年熙寧6年)に隆平県は廃止されたが、1086年元祐元年)に再び設置された[5]

1947年民国36年)、隆平県は堯山県と合併して、隆堯県に統合された。

中国地名の変遷
建置 漢代
使用状況 1947年廃止
前漢広阿県・象氏侯国
後漢広阿県
廃止
三国-
西晋-
東晋十六国-
南北朝広阿県(489年)
広阿県
象城県(601年)
大陸県(606年)
象城県
昭慶県(742年)
北宋/隆平県
南宋/隆平県
隆平県
隆平県
隆平県
中華民国隆平県
廃止(1947年)

脚注編集

  1. ^ 漢書』地理志上
  2. ^ 魏書』地形志二上
  3. ^ 隋書』地理志中
  4. ^ 旧唐書』地理志二
  5. ^ 宋史』地理志二