隠公(いんこう、生年不詳 - 紀元前712年)は、の第14代君主。名は息姑恵公の子で、『春秋左氏伝』の記載によると、生母は声子。

隠公
14公
王朝
在位期間 前722年 - 前712年
都城 曲阜
諡号 隠公
生年 不詳
没年 紀元前712年
恵公
声子

目次

生涯編集

恵公が死去すると、恵公の嫡子の允(桓公)はまだ年が幼かったため、魯の国人たちは庶長子の息姑を立てて摂政させ、君主の事務を代行させた。在位11年。隠公は自らを桓公が成長するまでの代行と位置づけて逸脱しなかった。公子翬が桓公を弑しようと提案したとき、これを聞いた隠公は断固としてこれを拒絶した。結果として隠公は公子翬にそむかれて弑された。

隠公が君主を代行していた期間、魯の国力は比較的強かった。隠公は棠の地で魚を見物して礼に合致していないと批判された事件を除くと、行政や軍事の処理は比較的慎重で公正であり、隣国とも修好につとめて、周囲のといった小国は魯の国都に朝拝してきた。といった強国ともまた友好関係を結んだ。

家庭編集

父:

母:

弟妹:

紀年編集

参考文献編集

  • 韓兆琦『新譯史記讀本』、台北、三民書局、2008年2月初版
  • 程發軔『春秋人譜』、台北、台湾商務印書館、1995年1月二版