メインメニューを開く

難波 孝一(なんば こういち、1949年9月1日 - )は、日本裁判官弁護士東京地方裁判所所長代行や、東京高等裁判所部総括判事を経て、森・濱田松本法律事務所客員弁護士、法務省司法試験考査委員

人物・経歴編集

1972年中央大学法学部法律学科卒業。司法修習を経て、1979年東京地方裁判所判事補任官。1982年釧路地方裁判所帯広支部判事補。1984年最高裁判所事務総局民事局付。1986年東京地方裁判所判事補。1987年千葉地方裁判所判事補。1990年広島高等裁判所判事職務代行。1993年最高裁判所司法研修所教官(民事裁判)。1994年法務省司法試験考査委員民法[1]

1997年東京地方裁判所判事。1999年東京地方裁判所部総括判事。2008年法務省法制審議会委員非訟手続家事審判)。2009年東京地方裁判所部総括判事所長代行。2010年熊本地方裁判所長。2012年東京高等裁判所部総括判事。2014年定年退官、東京弁護士会弁護士登録、森・濱田松本法律事務所客員弁護士。2016年法務省司法試験考査委員(民事訴訟法)、筑波大学法科大学院有識者会議委員[1]。2019年にはKYB外部調査委員会委員長として、免震装置のデータ改ざん問題の調査にあたった[2]

裁判編集

著書編集

脚注編集