メインメニューを開く

雨降りお月さん(あめふりおつきさん)は、野口雨情作詞中山晋平作曲日本童謡

目次

概要編集

1925年大正14年)の『コドモノクニ』正月増刊号で楽譜付きで発表された。野口雨情は初め題名を『雨降りお月』としていたが、中山晋平のすすめで『雨降りお月さん』とした。

この曲は好評であったため、同年の『コドモノクニ』3月号では『雲の蔭』という続編が発表された。両者はもともとは別の曲であり、中山晋平の付けたメロディも若干異なっている。

昭和に入ってレコードが普及し、この曲のレコード化されることになった際、『雨降りお月さん』だけでは短いので、中山晋平の提案により、『雲の蔭』と合わせてひとつの曲とすることとなった。このとき、野口雨情の最初の案を容れて、『雨降りお月さん』と『雲の蔭』とを合わせた曲の題名は、『雨降りお月』とされた。

1929年(昭和4年)に「雨降りお月」の曲名で佐藤千夜子が吹き込んだ。

戦後から1960年までにレコード売上は15万枚に達し、ロングヒットを続けている[1]

2007年平成19年)には、文化庁日本PTA全国協議会が選定した日本の歌百選にも選ばれている。

佐藤千夜子のシングル編集

雨降りお月
佐藤千夜子シングル
B面 青い芒
リリース
規格 シングル(SPレコード)
ジャンル 童謡新民謡
時間
レーベル ビクターレコード
作詞・作曲 野口雨情中山晋平
テンプレートを表示

ビクターレコードから発売。レコード番号は50898で、レーベルには「新民謡 雨降りお月」と表記されている。

  • 全曲、作詞:野口雨情、作曲:中山晋平
  1. 雨降りお月 - 2分45秒[2]
  2. 青い芒 - 2分47秒[3]

歌詞編集

1番(雨降りお月さん)編集

雨降りお月さん 雲の蔭
お嫁にゆくときゃ 誰とゆく
ひとりで傘(からかさ) さしてゆく
傘(からかさ)ないときゃ 誰とゆく
シャラシャラ シャンシャン 鈴付けた
お馬にゆられて 濡れてゆく

2番(雲の蔭)編集

いそがにゃお馬よ 夜が明けよ
手綱(たづな)の下から ちょいと見たりゃ
お袖でお顔を 隠してる
お袖は濡れても 干しゃ乾く
雨降りお月さん 雲の蔭
お馬にゆられて 濡れてゆく

脚注編集

  1. ^ 「かくれたベスト・セラーレコード」『読売新聞』1960年3月12日付夕刊、5面。
  2. ^ 雨降りお月国立国会図書館・歴史的音源)
  3. ^ 青い芒(国立国会図書館・歴史的音源)

外部リンク編集