メインメニューを開く

雲興寺(うんこうじ)は、愛知県瀬戸市にある曹洞宗寺院山号は「大龍山」。

雲興寺
Unkouji1.JPG本堂
所在地 愛知県瀬戸市白坂町131
位置 北緯35度13分21.26秒
東経137度8分41.62秒
座標: 北緯35度13分21.26秒 東経137度8分41.62秒
山号 大龍山
宗派 曹洞宗
本尊 釈迦牟尼仏
創建年 1384年
開山 天鷹祖祐
開基 足利義持
文化財 鐘楼
法人番号 3180005008860
雲興寺の位置(日本内)
雲興寺
雲興寺の位置(愛知県内)
雲興寺
テンプレートを表示
山門
鐘楼
位牌堂

概要編集

至徳元年(1384年)、天鷹祖祐によって開創される。応永年間には、足利義持や地元赤津村の豪族山口氏らの寄進により、七堂伽藍が落成する。尾張を代表する曹洞宗寺院の一つ。八世住持である大雲永瑞が織田信秀の伯父にあたることから織田家の庇護を受けている[1]。その後、豊臣秀吉尾張徳川家の庇護を受け、本堂には彼らの位牌が祀られている。

性空山神の伝承により、盗難除けの利益のある寺院としても有名。毎年4月24、25日には性空祭という盗難除けの祭りが催される。

本堂や鐘楼の屋根は瀬戸の赤津焼の瓦が使用されている[2]

歴史編集

文化財編集

  • 鐘楼 - 国の登録有形文化財[3]。文化7年(1810年)の建立。入母屋造、桟瓦葺、袴腰付。

性空山神の伝説編集

応永十二年、雲興寺二世天先祖命が真夜中に坐禅をしていると、雲興寺山中に住み人の肉身を食う鬼神が現れた。天先祖命は鬼神に罪業を懺悔させ、業報の本来は性空であることを説き、剃髪のうえ三帰五戒を授け、「性空上座」という号を与えた。鬼神は雲興寺山中を守る守護神となって村人や寺を病難・火難・盗難から守護することを誓い、門前の盤石の中に姿を消した。これ以降、門前の盤石は「性空石」と呼ばれ、盗難除けのご利益のある雲興寺守護神(性空山神)の住居として信仰を集めた。

交通手段編集

  • 名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅」から名鉄バス赤津行で赤津バス停下車徒歩10分程度
    • 2008年3月までは寺の駐車場まで名鉄バスが乗り入れていた。
    • 毎年4月に祭りが開催されるときのみ、寺の駐車場まで臨時に延長される。

脚注編集

  1. ^ 信長と大須
  2. ^ 雲興寺 鐘楼
  3. ^ 雲興寺鐘楼”. 愛知県. 2013年5月29日閲覧。

参考文献編集

関連編集