メインメニューを開く

愛知県道33号瀬戸設楽線

日本の愛知県の道路
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
愛知県道33号標識
起点(瀬戸市東本町)

愛知県道33号瀬戸設楽線(あいちけんどう33ごう せとしたらせん)は、愛知県瀬戸市から北設楽郡設楽町に至る県道主要地方道)である。途中、豊田市のうち旧藤岡町域と旧足助町域を経由する。設楽ダムの建設に伴い設楽町内の一部区間が水没する予定のため付替道路が建設予定である。[1]

目次

概要編集

愛知県北部に位置する瀬戸市東本町の国道155号分岐(東本町交差点)から東進して戸越峠を越えて、豊田市を経由して愛知県北東部の鷹ノ巣山を中心とする山岳地帯を横断しながら、奥三河の設楽町田口で国道257号に至る、延長約68 kmの主要地方道に指定された県道である。主な通過地は瀬戸市赤津町、豊田市藤岡飯野町・上川口町・下川口町・富岡町・足助町である。瀬戸市中心街から東海環状自動車道せと赤津インターチェンジ (IC) とを結ぶ連絡道も本路線に指定されており、赤津I.C西交差点で国道248号瀬戸東バイパスとも接続する。豊田市内では、国道419号と藤岡飯野町交差点で交差するほか、同市富岡町から足助町まで国道153号と交差・重複する。

路線データ編集

  • 起点:愛知県瀬戸市東本町1丁目(国道155号交点)
  • 終点:愛知県北設楽郡設楽町田口(国道257号交点)
  • 総距離:約68.5 km

沿革編集

  • 1954年1月29日:瀬戸田口線として主要地方道第1次指定(愛知県道小渡瀬戸線の一部、愛知県道下品野足助線の一部、愛知県道足助田口線の一部)
  • 1956年4月14日:認定

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

周辺編集

別名編集

脚注編集

  1. ^ 設楽根羽線の工事の着工式典のお知らせ (PDF)”. 国土交通省中部地方整備局 (2013年8月14日). 2016年2月4日閲覧。


関連項目編集