青い鳥 (2008年の映画)

2008年の映画
青い鳥 (重松清) > 青い鳥 (2008年の映画)

青い鳥』(あおいとり)は、2008年11月29日に公開された日本映画。第21回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」出品作品。

青い鳥
監督 中西健二
脚本 飯田健三郎
長谷川康夫
原作 重松清
出演者 阿部寛
本郷奏多
伊藤歩
重松収
音楽 まきちゃんぐ
主題歌 まきちゃんぐ
撮影 上野彰吾
編集 奥原好幸
製作会社 「青い鳥」製作委員会
配給 日活
アニープラネット
公開 日本の旗 2008年11月29日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2007年7月に刊行された重松清著の連作短篇集『青い鳥』の中から、その表題作(初出:『小説新潮』2006年12月号)を映画化したもの。

目次

ストーリー編集

一見平穏な新学期を迎えた東ヶ丘中学校。しかし、その内面は前の学期に起こった、いじめ自殺未遂事件に大きく揺れていた。

新学期初日、当該学級である2年1組に、極度の吃音症である村内(阿部寛)が臨時教師として赴任してくる。彼が初めて生徒達に命じた事は、事件を起こし既に転校している生徒・野口哲也(山崎和也)の机を教室に戻す事だった。毎日「野口君、おはよう」と無人のその机に向かい声をかける村内の行為に、生徒・教師・保護者の間には波紋が広がるが村内は止めようとしない。

そんなある日、野口へのいじめに加担したと苦しむ園部真一(本郷奏多)は、その思いを村内にぶつけるのだった。

登場人物編集

()内は演者

教師
  • 村内先生(阿部寛) - 新学期初日、臨時教師として着任してくる。極度の吃音症
  • 鳥崎先生(伊藤歩) - 村内に気をかける女性教師。
  • 石野先生(井上肇) - 生活指導担当。
  • 宮崎先生(重松収) - 校長。
  • 小泉先生(岸博之) - 教頭。
2年1組
生徒会

スタッフ編集

主題歌編集

  • まきちゃんぐ
    • オープニング・テーマ「鋼の心」
    • エンディング・テーマ「さなぎ〜「青い鳥」ヴァージョン」

外部リンク編集