青春H』(せいしゅんエッチ)は、日本の映画シリーズ。2010年にスタートした[1]

作品の製作にあたっては「青春とH」という制約のみが課せられ[2]、完成した作品は約1週間にわたってポレポレ東中野で上映される[2]

歴史編集

藤代さやを主演に迎えた古澤健監督の『Making of Love』が、シリーズ第1作となる[3]

『終わってる』では、今泉力哉が監督を務め、しじみが主演した[4]

白石晃士は、フェイク・ドキュメンタリー『超・悪人』を監督した[5]

第11作『超・悪人』からは青春Hセカンドシーズンとして「青春H2」と冠されたが、第21作『先生、おなか痛いです』からは元の「青春H」に戻り、ナンバリングも通算する形となった。

2012年に公開された『ふたりのシーズン』では、井土紀州が監督を務めた[6]

2013年、安藤ボン監督の『ボン脳即菩薩』が公開される[7]

2014年10月5日、第42作『愛こそはすべて 〜All You Need Is Love〜』を以て、継続した製作を休止する旨が発表された。

作品編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集