メインメニューを開く

青木 大介(あおき だいすけ、1984年8月9日 - )は京都府出身のアメリカンフットボール選手。現在Xリーグリクシルディアーズに所属している。ポジションはプレースキッカーおよびパンター (アメリカンフットボール)

来歴編集

専修大学時代からアメリカンフットボールを始め、大学4年生からアメリカンフットボール日本代表にも選ばれており、2011年アジア選手権に出場し同大会MVPを獲得[1][2]、また同年に開催されたアメリカンフットボール世界選手権に出場し、大会ベストイレブンに選出された。

2009年に行われたノートルダム・ジャパン・ボウル2009では先制のフィールドゴールを決めた[3]

2010年、Xリーグの鹿島ディアーズ(現リクシルディアーズ)に加入し、同リーグのベストイレブンにあたるオールXリーグにルーキーイヤーの2010年から2014年まで5年連続選出された。

脚注編集

  1. ^ 日本がアジア代表!76-0韓国/アメフト”. 日刊スポーツ. 2018年5月11日閲覧。
  2. ^ MEMBER PROFILE アメリカンフットボール日本代表
  3. ^ アメフト・ノートルダムジャパンボウル25日 日本完敗、先制もTD奪えず 読売新聞 2009年7月26日朝刊25ページ

外部リンク編集