メインメニューを開く

リクシルディアーズ(LIXIL DEERS)は、Xリーグに所属するアメリカンフットボールチーム(クラブチーム)。

LIXIL DEERS
基本情報
愛称 ディアーズ
メインスポンサー LIXIL
創設年 1989年
所属リーグ
リーグ Xリーグ・X1 AREA CENTRAL
本拠地
本拠地 東京都調布市
組織
GM 志田竜也
ヘッドコーチ 高野元秀
成績
2018シーズン SUPER9 7位
JXB優勝 2回 (1997年・2009年)
地区優勝 13回 (1997年・1998年・1999年・2001年・2003年・2004年・2005年・2007年・2008年・2010年・2011年・2012年・2014年)
獲得タイトル
パールボウル優勝 (8回)
1995年・1998年・1999年・2002年・2004年・2008年・2009年・2013年
ライスボウル優勝 (2回)
1998年・2010年
外部リンク
公式サイト0/0公式Twitter
株式会社 DEERS FOOTBALL CLUB
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
182-0007
東京都調布市菊野台2丁目4番2号メイングリーン小川103号室
設立 2014年1月14日
代表者 代表取締役 森清之
取締役 海老原隆仁
取締役 朝倉全紀
資本金 995万円
外部リンク http://www.deers.jp/
テンプレートを表示

前身となった鹿島ディアーズ(かじまディアーズ)についてもこのページで説明する。

概要編集

1989年鹿島建設のアメフト経験者を中心に、社内の有志総勢15人で鹿島ディアーズを創部する。当時のスローガンは、「5年で日本一」であった。練習は鹿島建設柴崎グラウンド(東京都調布市)で行なっている。オールジャパンのメンバーが加わり、春季関東社会人トーナメントで優勝した1990年に関東社会人2部に昇格し、さらに1991年には関東社会人1部に昇格し、スピード出世で関東の強豪にのしあがる。この後もオールジャパンのメンバーが続々入部し、1995年には春季パールボウルトーナメント初優勝を果たす。そして、1997年には東京スーパーボウル(現ジャパンXボウル)に出場し、松下電工インパルス(現パナソニックインパルス)を48-12で圧倒し、更にライスボウルでは、法政大学トマホークスを39-0で完封し、創部9年目で日本一に輝く。

しかし、それ以降はFINAL6の常連ではあるが、進出しても、常に敗退しており、東京スーパーボウルに出場回数はわずか2回と苦戦が続いている。一方春季パールボウルトーナメントには今まで5度優勝しており、春は非常に強い鹿島と言える。

2009年にはジャパンXボウルで富士通フロンティアーズを21-14で下し優勝。ライスボウルで関西大学カイザースと対戦し、最終Q残り4秒のラストプレイでフィールドゴールを決め、19-16で勝利。12年ぶり2度目の優勝を果たす。

2013年、創部以来オーナー企業である鹿島建設が当年度をもって支援の打ち切りを表明した。

2014年1月30日に住宅設備大手のLIXILがスポンサー契約を結び、実業団からクラブ化、チーム名も変更した。なお、2014年以降も練習は柴崎グラウンドにて行われている。 2019年ヘッドコーチに高野元秀が就任する。元ヘッドコーチの富永一はオフェンスコーディネーターに

マスコットキャラクター編集

  • DEERくん - 鹿をモチーフ、背番号33。鹿島時代から活動している。

関連項目編集

外部リンク編集