韓国陸軍訓練所食糞事件

韓国陸軍訓練所食糞事件(かんこくりくぐんくんれんじょしょくふんじけん)は、2005年1月に忠清南道論山市にある大韓民国陸軍陸軍訓練所(新兵訓練所)で発生した新兵虐待事件。

2005年1月10日、新兵の中に便所の水を流さない者がいたため、それに対する制裁として、陸軍訓練所の教官(大尉)が、新兵192人に人糞を指につけて食べるよう強制した。事件発生後10日が経って、被害者の新兵が外部宛に告発の手紙を出したことから事件が発覚した。

1月21日、韓国国防部はこの事件について謝罪し、加害者の教官を軍刑法違反で逮捕した。その後、陸軍本部は所長以下の訓練所幹部の処分を発表した。また、訓練所に派遣された憲兵隊についても、事件を防げなかったことを重視し、総入れ替えを実施した。

関連項目編集

外部リンク編集