メインメニューを開く

顕宗 (高麗王)

高麗の国王

顕宗(けんそう、992年8月1日 - 1031年6月17日)は第8代高麗王(在位:1009年 - 1031年)。姓は王、は詢、別名は安世、諡号は大孝徳威達思元文大王。

顕宗 王詢
高麗
第8代国王
王朝 高麗
在位期間 1009年3月2日 - 1031年6月17日
姓・諱 王詢
諡号 大孝徳威達思元文大王
廟号 顕宗
生年 淳化3年7月1日
992年8月1日
没年 太平11年5月25日
1031年6月17日
安宗
献貞王后
后妃 元貞王后
元和王后
元成王后
元恵王后
陵墓 宣陵

即位以前編集

顕宗は992年に生まれた。太祖の孫で、父は安宗(王郁)、母は献貞王后(孝粛太后)皇甫氏。顕宗は父母の不倫で生まれ、子供の時から不遇に育った。顕宗の母は彼を生んだ後に病死し、父は流刑となったため、当時の国王成宗(母の兄で、顕宗の従兄に当たる)が彼を王宮で養育した。その後、成宗は子供を父に返した方が良いと考えて王郁に返したが、王郁も顕宗が4歳の時に死んだ。

997年、成宗を継いで王になった穆宗は男子がなく、顕宗を次の王にしようと考え、そこで顕宗は1003年、大良院君に冊封された。しかし穆宗の母の献哀王太后(千秋太后)は、金致陽との間に生まれた息子(穆宗の異父弟)を次の王に擁立しようとして、1006年に顕宗を強制的に寺刹へ追い出した。献哀王太后はその後も顕宗の暗殺を何度も試みたが失敗した。1009年2月、康兆が政変を起こし、穆宗に退位を強要して、金致陽の一派を全員斬首した。代わって顕宗が大臣たちの推戴を受けて王になった。この時18歳であった。

契丹の侵入から国を守る編集

顕宗の時代には契丹)の侵入が2度あった。1度目は即位の際の政変を理由にした侵入で、開京が陥落した。しかし契丹が侵入した真の理由は、高麗と宋(北宋)の関係を断ち切り、高麗に返還した江東6州を取り戻すためだった。契丹は高麗に入朝を要求し、高麗側はこれを受け入れた。しかし契丹軍が退却した際にはこれを攻撃し、その後一度も入朝をしなかった。

契丹は1018年に10万の軍勢で再び高麗に侵攻した。この時の理由は、高麗が江東6州を返還せず、宋と結んで契丹に入朝しないことであった。高麗側は契丹の侵略を予想し、20万の兵力を動員して、姜邯賛を中心に契丹軍と戦った。1019年2月、興化鎮で契丹軍を退けたが、契丹軍の一部が開京に向けて進撃すると、契丹軍の後方を囲んでいた蕭排押は退却を決めた。契丹軍が亀州に着いた時、高麗軍は総攻撃を敢行し、姜邯賛は契丹軍を殲滅した。この戦争は『亀州大捷』と呼ばれる。

その後、高麗と契丹の国交は回復し、貿易も盛んになった。しかし高麗は1125年に契丹が滅亡するまで入朝をすることはなく、江東6州の返還にも応じなかった。

家族編集

王妃
  • 元貞王后金氏(成宗と文和王后金氏の娘)
  • 元和王后崔氏(成宗と楽浪郡大夫人崔氏の娘)
    • 孝静公主
    • 天寿殿主
  • 元成王后金氏(金殷傅の娘)
  • 元恵王后金氏(金殷傅の娘)
  • 元容王后柳氏(王旭の息子の敬章太子の娘)
  • 元穆王后徐氏(徐訥の娘)
  • 元平王后金氏(金殷傅の娘)
  • 元順淑妃金氏
    • 敬成王后(徳宗の第1妃)
  • 元質貴妃王氏
  • 貴妃庾氏
  • 宮人韓氏
    • 検校太師 王忠
  • 宮人李氏(給事中 李彦述の娘)
  • 宮人朴氏(朴温其の娘)

脚注編集

関連作品編集