メインメニューを開く

風浪宮(ふうろうぐう)は、福岡県大川市にある神社である。代々阿曇氏が祭祀を司る。

風浪宮
Furogu front shrine.jpg
拝殿
所在地 福岡県大川市酒見726-1
位置 北緯33度12分40.4秒
東経130度23分12.2秒
座標: 北緯33度12分40.4秒 東経130度23分12.2秒
主祭神 少童命三座ほか
社格 県社
創建 伝・192年
テンプレートを表示
鳥居前から見る

目次

祭神編集

祭神は、少童命三座(表津少童命、中津少童命、底津少童命)、息長垂姫命(神功皇后)、住吉三神(表筒男命、中筒男命、底筒男命)、高良玉垂命

概要編集

神功皇后三韓征伐からの帰途、192年に筑後国葦原ノ津(大川榎津)に寄った時、阿曇連磯良丸に少童命(ワダツミノミコト)を祀ったのがはじまりで、千八百余年の由緒を持つ。地元では「おふろうさん」の名で親しまれている。

現在の本殿は戦国時代の筑後国柳川城主の蒲池鑑盛の再建によるものであり、本殿と石造五重塔は国の重要文化財に指定されている。

周辺編集

外部リンク編集