メインメニューを開く

風車(かざぐるま、風車戦法)は、将棋戦法の一つ。将棋棋士伊藤果居飛車穴熊への対策[1]として考案し多用したことで知られるが、他の棋士はあまり指さない。飛車を下段に引き、状況に応じて左右にクルクルと転回することから名づけられた。

目次

概要編集

ツノ銀中飛車右玉の形から基本形1ないし2の形へと移行することが多い。飛車は基本形では5筋に配置されているが、特に中飛車と言ったくくりではなく、8筋でも2筋でも自由自在に転回し[2]、玉も▲5八~▲4九~▲3八を行ったり来たりし、それに応じて右金も▲4八~▲3八を行ったり来たりする。角も▲5七~▲6八を行ったり来たりすることが多い。香車は8段目に上がることもある。

持久戦志向であり、相手からの攻めに対して柔軟に対応可能なことを特長とする。相手の無理攻めをとがめて反撃をもくろむ。一方、自分から攻めることが難しい。伊藤果によると「戦わない! 攻めない! 千日手だっていい!」という精神とされている。

プロ棋士である森内俊之の証言によれば、この戦法は伊藤以外が指しこなすことは難しく、公式戦ではほとんど見られない。また伊藤は、この戦法を指すために将棋を指している、と語っているとしている。堅くはないが隙がなく攻めにくい形で、少しずつポイントを上げていく将棋になるようだ[3]

その後、若干攻めを取り入れた新風車も提唱されている。

 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
新風車の変化形の一つ

駒落ち将棋における風車編集

二枚落ち以上の駒落ち将棋において下手側がこの戦法を使用した場合、受けに特化しているという戦法の特性上、上手側の打開策が皆無に近い状況となる。

そのため、下手側が相手の攻めを待つまでひたすら受けに回った場合、二歩などの反則を犯すか、あるいは千日手になるか、下手側が致命的なミスをしない限り、いつまでも終わらない状況になり、本来ならば二枚落ちよりもさらに大きなハンデが必要なほどに棋力差が開いていた場合でも上手側の勝利が非常に難しくなる。

また、駒落ち将棋を指す意味という観点から、指導対局等では下手側は通常この戦法は自主規制する。

四枚落ち、六枚落ちにおける穴熊戦法と同様、上手側が下手側に対して自主規制を求める場合が多い戦法として有名な例である。

脚注編集

  1. ^ 将棋世界」(日本将棋連盟)2000年1月号付録
  2. ^ 『日本将棋用語事典』
  3. ^ 『日本将棋用語事典』p.42- 「名棋士の談話室 森内俊之」

参考図書編集

  • 伊藤果著、週刊将棋編『伊藤果直伝!風車の美学』毎日コミュニケーションズ1994年ISBN 4-89563-601-1
  • 原田泰夫 (監修)、荒木一郎 (プロデュース)、森内俊之ら(編)、2004、『日本将棋用語事典』、東京堂出版 ISBN 4-490-10660-2

関連項目編集