メインメニューを開く
将棋 > 将棋の戦法

将棋の戦法(しょうぎのせんぽう)は、将棋における効果的な攻め・守りの手順や陣形のことである。守りの陣形である囲いも広義の戦法となるが[1]、本項ではこれを含まない狭義の戦法について記述する。

目次

戦法の分類編集

戦法と戦型編集

将棋には様々な戦法があるが、ある場面で効果的な戦法が別の場面でも効果的であるとは限らない。そこで、現在では、両陣を含む盤面全体における最序盤の局面の進行をいくつかの型(戦型)に大別した上で、戦型ごとに効果的な戦法を分類するのが一般的である[2]。ここでは、戦法の一覧を見る上で不可欠な戦法分類の理解を助けるために、まずは代表的戦型について説明する。なお、どの戦型で対局が行われるのかは攻め・守りの基本方針に関わるから、自ら主導して戦型を選択した側の対局者[3]にとっては、戦型自体が戦法の一つでもある。

まず、戦法は、最強の駒である飛車の使い方によって居飛車振り飛車に大別される。居飛車は飛車を初期位置である右翼に居たまま使う戦法であり、振り飛車は飛車を左翼に振って(移動して)使う戦法である。なお、飛車の初期位置は厳密には右翼のうち右から2番目の筋(先手ならば2筋、後手ならば8筋)であるが、右から3番目や4番目の筋も右翼であることは異ならないから、これらの筋で飛車を使う戦法も居飛車に含まれる[4]。飛車を中央である5筋で使うものについては、通常玉将を右翼に囲う点など、他の振り飛車との共通点が多いため、一般的に振り飛車に分類されるが、他の居飛車との共通点が多い戦法は居飛車に分類されることもある[5]

互いに居飛車と振り飛車のどちらを採るかという基準により、戦型は3つに大別できることになる。すなわち、双方が居飛車の相居飛車、一方が居飛車で他方が振り飛車の対抗型、双方が振り飛車の相振り飛車である。

相居飛車編集

△持ち駒 角
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持ち駒 角

相居飛車の最序盤の例
(角換わり)

相居飛車は、飛車と角の使い方・相手の飛車先の受け方により、矢倉角換わり相掛かり横歩取りといった戦型に分類される。

矢倉戦のほか、角換わりでも矢倉囲い系の囲いが用いられることが多いが、相掛かり・横歩取りは中住まいに組むのが一般的である。

対抗型編集

△四間飛車 持ち駒 なし
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲居飛車 持ち駒 なし

対抗型の最序盤の例

対抗型では、角行と飛車の位置関係を見れば明らかなように、当初から居飛車側と振り飛車側で全く異なる非対称な形で駒組が始まる。そのため、相居飛車と比べるとある程度相手の駒組から独立して自分の駒組を進めることができ、居飛車側・振り飛車側の双方で様々な戦法が使用できる。

対抗型は、振り飛車側がどの筋に飛車を振っているかによって中飛車四間飛車三間飛車向かい飛車に分類される。これに対し居飛車側の対応は、速攻を仕掛ける急戦と、固い囲いを組む持久戦に大別される。

相振り飛車編集

△三間飛車 持ち駒 なし
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲向かい飛車 持ち駒 なし

相振り飛車の最序盤の例

互いに飛車を振る相振り飛車については、従来は振り飛車党同士の対戦で互いに譲らなかった場合などに出現する限定的な戦型とされていた。しかし、近年では相手の出方に応じて相振り飛車にする作戦が試されるようになり、居飛車党の棋士もしばしば指すようになった。とは言え、相居飛車や対抗型と比べて実戦例が少ないのは事実であり、相居飛車や対抗型ほど細かく戦法が整備されているわけではない。

その他編集

通常の戦型の分類に当てはまらない進行を見せる将棋は、力戦型と呼ばれる。力戦型では近い戦型の戦法を応用して使うこともあれば、独自に工夫して攻め方・守り方を構想する場合もある。

相手に正しく対応された場合には自分が不利になってしまうことが明らかになっている戦法を奇襲戦法(またはハメ手、B級戦法など)と言う。奇襲戦法の多くは、初見の相手を惑わせて罠に嵌める目的で使われる。なお、現在奇襲戦法扱いされている戦法の中には、元々正統な戦法だったものの完全な対策が確立されて奇襲でしか成立しなくなったものもあり、奇襲戦法に分類されるか否かは程度の問題である。

駒落ち将棋では、平手では通用しない駒落ち専用の戦法が存在する。

この他に、戦法として成立していないがやってしまいがちな手を冗談として戦法扱いすることがある。

相居飛車の戦法編集

対抗型居飛車の戦法編集

  • 対向かい飛車急戦
    • 棒銀、4六銀(左銀)戦法

対抗型振り飛車の戦法編集

相振り飛車の戦法編集

  • 相振り飛車
    • 中飛車:中飛車左穴熊
    • 四間飛車
    • 三間飛車
    • 向かい飛車

その他の戦法編集

脚注編集

  1. ^ 例えば、居飛車穴熊は囲いであるが、戦法とされることもある。
  2. ^ なお、棒銀戦法のように様々な戦型で効果を発揮する汎用的な戦法もある。
  3. ^ 対抗型では振り飛車側、相振り飛車では後から振り飛車を明示した側が該当する。相居飛車では両者の盤上の駆け引き・合意によって戦型が決まるため、純粋にどちらか一方の意思とは言えないが、矢倉戦・角換わり(正調角換わり)・相掛かりは先手の主導、角換わり(後手一手損角換わり)・横歩取りは後手の主導で実現することが多いとされている。
  4. ^ なお、右から3番目の筋で飛車を使う戦法は袖飛車、右から4番目の筋で飛車を使う戦法は右四間飛車と呼ばれる。
  5. ^ カニカニ銀中飛車や矢倉中飛車など。
  6. ^ 超速▲3七銀や丸山ワクチンには急戦・持久戦どちらの変化もある。
  7. ^ 一度四間飛車に振り、角交換をした後に向かい飛車に振り直す。
  8. ^ 角交換四間飛車に対して、ダイレクトに向かい飛車に降るため、こう呼ばれる。

参考文献編集

  • 塚田泰明監修、横田稔著『序盤戦! 囲いと攻めの形』、高橋書店、1997年
  • 原田泰夫 (監修)、荒木一郎 (プロデュース)、森内俊之ら(編)、2004、『日本将棋用語事典』、東京堂出版 ISBN 4-490-10660-2
  • 上野裕和、2018、『将棋・序盤完全ガイド 相居飛車編(増補改訂版)』、マイナビ出版
  • 上野裕和、2018、『将棋・序盤完全ガイド 振り飛車編(増補改訂版)』、マイナビ出版
  • 上野裕和、2017、『将棋・序盤完全ガイド 相振り飛車編』、マイナビ出版

関連項目編集