メインメニューを開く

飯田 忠雄(いいだ ただお、1912年1月28日[1] - 2012年1月16日[2])は、日本政治家公明党衆議院議員(2期)、参議院議員(1期)、神戸学院大学教授。俳人[1]

経歴編集

愛知県名古屋市出身[1]1939年京都帝国大学法学部卒[1]。同年満州に渡り[1]総務庁協和会に勤める[1]1946年帰国し[1]、翌年運輸省に入る[1]内閣調査室に出向、海上保安庁に戻ってからは、海上保安大学校の首席教授[3]を最後に1969年に退職[4]神戸学院大学教授に就任した[4]1976年の総選挙において兵庫3区から公明党公認で立候補して当選し[5]、2期務める[4]1980年の総選挙で落選[5]。この間1977年4月18日の衆院法務委でロッキード事件の灰色高官を擁護する質問をしたことで知られている。1983年の参院選比例区から立候補して当選する[4]1989年に引退[4]、同年、勲三等旭日中綬章を受章した[1]。2012年に死去した。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』26頁。
  2. ^ 飯田忠雄氏が死去 元参院議員 『日本経済新聞』2012年1月23日付2018年8月15日閲覧。
  3. ^ 『議会制度百年史 貴族院・参議院議員名鑑』 244頁。
  4. ^ a b c d e 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』27頁。
  5. ^ a b 『朝日選挙大観』518頁。

参考文献編集

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『朝日選挙大観』朝日新聞社、1997年。
  • 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』日外アソシエーツ、2005年。
  • 吉原公一郎著『謀略列島』新日本出版社1978年5月30日刊 105頁