メインメニューを開く

養蓮院

養蓮院(ようれんいん、生年不詳 - 安永7年10月27日1778年12月15日))は、江戸時代の女性で、10代将軍・徳川家治側室。俗名は。父は藤井兼矩

生涯編集

寛延2年(1749年)、家治の正室である倫子女王の輿入れの際に、倫子の付き人として江戸に入った。その後、大奥松島局の推薦もあって家治の側室となる。

宝暦12年(1762年)にもう一人の側室である於知保の方が長男・竹千代(後の徳川家基)を出産し、品も同年12月に次男・貞次郎を出産した。しかし、貞次郎は翌年の宝暦13年(1763年)4月に生後4ヶ月で早世してしまった。

安永7年(1778年10月27日、死去。墓所は上野の凌雲院。戒名は養蓮院妙開心華大姉。

参考文献編集